警告:このAPIは非推奨であり、置き換えが安定した後 TensorFlowの将来のバージョンで削除される予定です。

このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

DebugNumericSummary

パブリック最終クラスDebugNumericSummary

デバッグ数値要約Op。

数値タイプ、範囲、および分布の基本的な要約を提供します。

出力:形状の二重テンソル[14 + nDimensions]、nDimensionsはテンソルの形状の寸法の数です。出力の要素は次のとおりです。[0]:初期化される(1.0)か、初期化されない(0.0)。 [1]:要素の総数[2]:NaN要素数[3]:一般化された-inf数:要素<= lower_bound。 lower_boundはデフォルトで-infです。 [4]:lower_boundがデフォルトの-infの場合、負の要素数(-infを除く)。それ以外の場合、これは要素の数> lower_boundおよび<0です。[5]:ゼロ要素数[6]:正の要素数(+ infを除く)(upper_boundがデフォルトの+ infの場合)。それ以外の場合、これは要素の数<upper_boundおよび> 0です。[7]:一般化された+ infカウント、要素> = upper_bound。 upper_boundはデフォルトで+ infです。テンソルが初期化されていない場合、出力要素[1:8]はすべてゼロです。 [8]:すべての非infおよび非NaN要素の最小値。初期化されていないか、そのような要素が存在しない場合:+ inf。 [9]:すべての非infおよび非NaN要素の最大値。初期化されていないか、そのような要素が存在しない場合:-inf。 [10]:すべての非INFおよび非NaNの要素の平均。初期化されていないか、そのような要素が存在しない場合:NaN。 [11]:すべての非infおよび非NaN要素の分散。初期化されていないか、そのような要素が存在しない場合:NaN。 [12]:列挙型整数としてエンコードされたテンソルのデータ型。詳細については、DataTypeプロトを参照してください。 [13]:テンソルの次元数(ndims)。 [14+]:寸法のサイズ。

ネストされたクラス

クラスDebugNumericSummary.Options以下のためのオプションの属性DebugNumericSummary

パブリックメソッド

出力<ダブル>
asOutput ()
テンソルのシンボリックハンドルを返します。
static <T> DebugNumericSummary
作成スコープスコープ、オペランド<T>の入力、オプション...オプション)
新しいDebugNumericSummary操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。
静的DebugNumericSummary.Options
debugUrls (List <String> debugUrls)
静的DebugNumericSummary.Options
deviceName (String deviceName)
静的DebugNumericSummary.Options
gatedGrpc (ブール値gatedGrpc)
静的DebugNumericSummary.Options
lowerBound (Float lowerBound)
静的DebugNumericSummary.Options
muteIfHealthy (ブール値muteIfHealthy)
出力<ダブル>
出力()
静的DebugNumericSummary.Options
tensorName (文字列tensorName)
静的DebugNumericSummary.Options
upperBound (フロートupperBound)

継承されたメソッド

パブリックメソッド

public Output <Double> asOutput ()

テンソルのシンボリックハンドルを返します。

TensorFlow操作への入力は、別のTensorFlow操作の出力です。このメソッドは、入力の計算を表すシンボリックハンドルを取得するために使用されます。

public static DebugNumericSummary create スコープスコープ、オペランド<T>入力、オプション...オプション)

新しいDebugNumericSummary操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。

パラメーター
範囲現在のスコープ
入力入力テンソル、非参照型。
オプションオプションの属性値を運ぶ
戻り値
  • DebugNumericSummaryの新しいインスタンス

public static DebugNumericSummary.Options debugUrls (List <String> debugUrls)

パラメーター
debugUrlsターゲットをデバッグするためのURLのリスト(例:file:/// foo / tfdbg_dump、grpc:// localhost:11011)。

public static DebugNumericSummary.Options deviceName (String deviceName)

public static DebugNumericSummary.Options gatedGrpc (ブール値gatedGrpc)

パラメーター
gatedGrpcこの操作がゲートされるかどうか。このデバッグノードのdebug_urlのいずれかがgrpc://スキームのものである場合、この属性の値がTrueに設定されていると、このデバッグ操作がdebug_urlで有効になっていない限り、データは実際にはgrpcストリーム経由で送信されません。 。このデバッグノードのすべてのdebug_urlがgrpc://スキームのものであり、デバッグ操作がそれらのいずれでも有効になっていない場合、出力は空のTensorになります。

public static DebugNumericSummary.Options lowerBound (Float lowerBound)

パラメーター
lowerBound (float)一般化された-infカウントに含まれる値の下限<=。デフォルト:-inf。

public static DebugNumericSummary.Options muteIfHealthy (ブール値muteIfHealthy)

パラメーター
muteIfHealthy (bool)要素[2]、[3]、[7]の少なくとも1つ(つまり、nanカウントと一般化された-infおよびinfカウント)がゼロ以外でない限り、デバッグURLにデータを送信しないでください。

public Output <Double> output ()

public static DebugNumericSummary.Options tensorName (String tensorName)

パラメーター
tensorName入力テンソルの名前。

public static DebugNumericSummary.Options upperBound (Float upperBound)

パラメーター
上界(float)上限> =一般化された+ infカウントに含まれる値。デフォルト:+ inf。