警告:このAPIは非推奨であり、置き換えが安定した後 TensorFlowの将来のバージョンで削除される予定です。

このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

DecodePaddedRaw

パブリックファイナルクラスDecodePaddedRaw

文字列のバイトを数値のベクトルとして再解釈します。

ネストされたクラス

クラスDecodePaddedRaw.Options DecodePaddedRawオプションの属性

パブリックメソッド

出力<T>
asOutput ()
テンソルのシンボリックハンドルを返します。
static <T extends Number> DecodePaddedRaw <T>
createスコープスコープ、オペランド<文字列> inputBytes、オペランド<整数> fixedLength、クラス<T> outType、オプション...オプション)
新しいDecodePaddedRaw操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。
静的DecodePaddedRaw.Options
littleEndian (ブール値littleEndian)
出力<T>
出力()
入力 `bytes`より1次元多いテンソル。

継承されたメソッド

パブリックメソッド

public Output <T> asOutput ()

テンソルのシンボリックハンドルを返します。

TensorFlow操作への入力は、別のTensorFlow操作の出力です。このメソッドは、入力の計算を表すシンボリックハンドルを取得するために使用されます。

public static DecodePaddedRaw <T> create スコープスコープ、オペランド<文字列> inputBytes、オペランド<整数> fixedLength、クラス<T> outType、オプション...オプション)

新しいDecodePaddedRaw操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。

パラメーター
範囲現在のスコープ
inputBytesデコードされる文字列のテンソル。
fixedLengthデコードされた出力の各要素のバイト単位の長さ。出力タイプのサイズの倍数である必要があります。
オプションオプションの属性値を運ぶ
戻り値
  • DecodePaddedRawの新しいインスタンス

public static DecodePaddedRaw.Options littleEndian (ブール値littleEndian)

パラメーター
littleEndian入力 `input_bytes`がリトルエンディアン順であるかどうか。 `uint8`のように、1バイトに格納される` out_type`値では無視されます

public Output <T> output ()

入力 `bytes`より1次元多いテンソル。追加されたディメンションのサイズは、 `bytes`の要素の長さをバイト数で割って` out_type`を表します。