警告:このAPIは非推奨であり、置き換えが安定した後 TensorFlowの将来のバージョンで削除される予定です。

このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

DenseCountSparseOutput

パブリック最終クラスDenseCountSparseOutput

tf.tensor入力に対してスパース出力ビンカウントを実行します。

各値が入力で発生する回数をカウントします。

ネストされたクラス

クラスDenseCountSparseOutput.Options DenseCountSparseOutputオプションの属性

パブリックメソッド

static <U extends Number、T extends Number> DenseCountSparseOutput <U>
createスコープスコープ、オペランド<T>値、オペランド<U>の重み、ブールbinaryOutput、オプション...オプション)
新しいDenseCountSparseOutput操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。
static DenseCountSparseOutput.Options
maxlength (長いmaxlength)
static DenseCountSparseOutput.Options
minlength (長いminlength)
出力<ロング>
outputDenseShape ()
結果のスパーステンソルオブジェクトの形状テンソル。
出力<ロング>
outputIndices ()
結果のスパーステンソルオブジェクトのテンソルを示します。
出力<U>
outputValues ()
結果のスパーステンソルオブジェクトの値テンソル。

継承されたメソッド

パブリックメソッド

public static DenseCountSparseOutput <U> create スコープスコープ、オペランド<T>値、オペランド<U>の重み、ブール値binaryOutput、オプション...オプション)

新しいDenseCountSparseOutput操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。

パラメーター
範囲現在のスコープ
カウントするデータを含むテンソル。
重みインデックスごとの重み値を含むインデックスと同じ形状のテンソル。重みが使用されていない場合は、空のテンソルになることもあります。
binaryOutput各値の出現回数を出力するか、1回出力するか。
オプションオプションの属性値を運ぶ
戻り値
  • DenseCountSparseOutputの新しいインスタンス

public static DenseCountSparseOutput.Options maxlength (Long maxlength)

パラメーター
maxlengthカウントする最大値。最大値なしで-1に設定できます。

public static DenseCountSparseOutput.Options minlength (Long minlength)

パラメーター
最小長カウントする最小値。最小値なしで-1に設定できます。

public Output <Long> outputDenseShape ()

結果のスパーステンソルオブジェクトの形状テンソル。

public Output <Long> outputIndices ()

結果のスパーステンソルオブジェクトのテンソルを示します。

public Output <U> outputValues ()

結果のスパーステンソルオブジェクトの値テンソル。