警告:このAPIは非推奨であり、置き換えが安定した後 TensorFlowの将来のバージョンで削除される予定です。

このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

DynamicPartition

パブリックファイナルクラスDynamicPartition

`partitions`のインデックスを使用して、` data`を `num_partitions`テンソルに分割します。

サイズが `partitions.ndim`のインデックスタプル` js`ごとに、スライス `data [js、...]`が `output [partitions [js]]`の一部になります。 `partitions [js] = i`のスライスは` js`の辞書式順序で `outputs [i]`に配置され、 `outputs [i]`の最初の次元は `partitions`のエントリ数が等しい`i`。詳細には、

outputs[i].shape = [sum(partitions == i)] + data.shape[partitions.ndim:]
 
     outputs[i] = pack([data[js, ...] for js if partitions[js] == i])
 
`data.shape`は `partitions.shape`で始まる必要があります。

例:

# Scalar partitions.
     partitions = 1
     num_partitions = 2
     data = [10, 20]
     outputs[0] = []  # Empty with shape [0, 2]
     outputs[1] = [[10, 20]]
 
     # Vector partitions.
     partitions = [0, 0, 1, 1, 0]
     num_partitions = 2
     data = [10, 20, 30, 40, 50]
     outputs[0] = [10, 20, 50]
     outputs[1] = [30, 40]
 
パーティションをマージして戻す方法の例については、 `dynamic_stitch`を参照してください。

パブリックメソッド

static <T> DynamicPartition <T>
createスコープスコープ、オペランド<T>データ、オペランド<整数>パーティション、Long numPartitions)
新しいDynamicPartition操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。
イテレータ<オペランド<T >>
リスト<出力<T >>
出力()

継承されたメソッド

パブリックメソッド

public static DynamicPartition <T> create スコープスコープ、オペランド<T>データ、オペランド<整数>パーティション、Long numPartitions)

新しいDynamicPartition操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。

パラメーター
範囲現在のスコープ
パーティション任意の形状。 `[0、num_partitions)`の範囲のインデックス。
numPartitions出力するパーティションの数。
戻り値
  • DynamicPartitionの新しいインスタンス

public Iterator < Operand <T >> iterator ()

public List <出力<T >>出力()