警告:このAPIは非推奨であり、置き換えが安定した後 TensorFlowの将来のバージョンで削除される予定です。

このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

DynamicStitch

パブリックファイナルクラスDynamicStitch

`data`テンソルからの値を単一のテンソルにインターリーブします。

merged[indices[m][i, ..., j], ...] = data[m][i, ..., j, ...]
 
のようにマージされたテンソルを構築します。たとえば、各 `indices [m]`がスカラーまたはベクトルの場合、
# Scalar indices:
     merged[indices[m], ...] = data[m][...]
 
     # Vector indices:
     merged[indices[m][i], ...] = data[m][i, ...]
 
があります。各 `data [i] .shape`は対応する` indices [i] .shape`で始まる必要があります。 `data [i] .shape`の残りの部分は` i`に対して一定でなければなりません。つまり、 `data [i] .shape = indexs [i] .shape + constant`が必要です。この「定数」に関して、出力形状は次のようになります。

merged.shape = [max(indices)] +定数

値は順番にマージされるため、 `(m、i)<(n、j)`スライス `データの`インデックス[m] [i] `と`インデックス[n] [j] `の両方にインデックスが表示される場合[n] [j] `がマージされた結果に表示されます。この保証が必要ない場合、ParallelDynamicStitchは一部のデバイスでパフォーマンスが向上する可能性があります。

次に例を示します。

indices[0] = 6
     indices[1] = [4, 1]
     indices[2] = [[5, 2], [0, 3]]
     data[0] = [61, 62]
     data[1] = [[41, 42], [11, 12]]
     data[2] = [[[51, 52], [21, 22]], [[1, 2], [31, 32]]]
     merged = [[1, 2], [11, 12], [21, 22], [31, 32], [41, 42],
               [51, 52], [61, 62]]
 
このメソッドは、次の例に示すように、 `dynamic_partition`によって作成されたパーティションをマージするために使用できます。

パブリックメソッド

出力<T>
asOutput ()
テンソルのシンボリックハンドルを返します。
static <T> DynamicStitch <T>
createスコープスコープ、Iterable < Operand <Integer >>インデックス、Iterable < Operand <T >> data)
新しいDynamicStitch操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。
出力<T>
マージ()

継承されたメソッド

パブリックメソッド

public Output <T> asOutput ()

テンソルのシンボリックハンドルを返します。

TensorFlow操作への入力は、別のTensorFlow操作の出力です。このメソッドは、入力の計算を表すシンボリックハンドルを取得するために使用されます。

public static DynamicStitch <T> create スコープスコープ、Iterable < Operand <Integer >>インデックス、Iterable < Operand <T >>データ)

新しいDynamicStitch操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。

パラメーター
範囲現在のスコープ
戻り値
  • DynamicStitchの新しいインスタンス

public Output <T> merged ()