警告:このAPIは非推奨であり、置き換えが安定した後 TensorFlowの将来のバージョンで削除される予定です。

このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

EditDistance

パブリックファイナルクラスEditDistance

(おそらく正規化された)レーベンシュタイン編集距離を計算します。

入力は、SparseTensors(hypothesis_indices、hypothesis_values、hypothes_shape)および(truth_indices、truth_values、truth_shape)によって提供される可変長シーケンスです。

入力は次のとおりです。

ネストされたクラス

クラスEditDistance.Options EditDistanceオプションの属性

パブリックメソッド

出力<フロート>
asOutput ()
テンソルのシンボリックハンドルを返します。
static <T> EditDistance
createスコープスコープ、オペランド<Long> hypothesisIndices、オペランド<T> hypothesisValues、オペランド<Long> hypothesisShape、オペランド<Long> TruthIndices、オペランド<T> TruthValues、オペランド<Long> TruthShape、オプション...オプション)
新しいEditDistance操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。
静的EditDistance.Options
正規化(ブール正規化)
出力<フロート>
出力()
ランクR-1の密なフロートテンソル。

継承されたメソッド

パブリックメソッド

public Output <Float> asOutput ()

テンソルのシンボリックハンドルを返します。

TensorFlow操作への入力は、別のTensorFlow操作の出力です。このメソッドは、入力の計算を表すシンボリックハンドルを取得するために使用されます。

public static EditDistance create スコープスコープ、オペランド<Long> hypothesisIndices、オペランド<T> hypothesisValues、オペランド<Long> hypothesisShape、オペランド<Long> TruthIndices、オペランド<T> TruthValues、オペランド<Long> TruthShape、オプション...オプション)

新しいEditDistance操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。

パラメーター
範囲現在のスコープ
仮説指標仮説リストSparseTensorのインデックス。これはNx Rint64マトリックスです。
hypothesisValues仮説リストSparseTensorの値。これはN長のベクトルです。
hypothesisShape仮説リストSparseTensorの形状。これはR長のベクトルです。
TruthIndices真理リストSparseTensorのインデックス。これはMx Rint64マトリックスです。
TruthValues真理リストSparseTensorの値。これはM長のベクトルです。
TruthShape真理指数、ベクトル。
オプションオプションの属性値を運ぶ
戻り値
  • EditDistanceの新しいインスタンス

public static EditDistance.Options normalize (ブール値の正規化)

パラメーター
ノーマライズブール値(trueの場合、編集距離は真理の長さによって正規化されます)。

出力は次のとおりです。

public Output <Float> output ()

ランクR-1の密なフロートテンソル。

入力例の場合:

//仮説は、可変長の値を持つ2x1行列を表します。 [1、0、0]] hypothesis_values = ["a"、 "b"] hypothesis_shape = [2、1、1]

//真理値は可変長値の2x2行列を表します://(0,0)= [] //(0,1)= ["a"] //(1,0)= ["b"、 " c "] //(1,1)= [" a "] true_indices = [[0、1、0]、[1、0、0]、[1、0、1]、[1、1、0] ] Truth_values = ["a"、 "b"、 "c"、 "a"] Truth_shape = [2、2、2] normalize = true

出力は次のようになります。

//出力は、編集距離が真の長さで正規化された2x2行列です。 output = [[inf、1.0]、//(0,0):真実なし、(0,1):仮説なし[0.5、1.0]] //(1,0):加算、(1,1):仮説なし