警告:このAPIは非推奨であり、置き換えが安定した後 TensorFlowの将来のバージョンで削除される予定です。

このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

Eig

パブリックファイナルクラスEig

1つまたは複数の正方行列の固有分解を計算します。

`input [...、:、:] = v [...、:、:] * diag(e [...、 :]) `。固有値は降順ではない順序で並べ替えられます。

# a is a tensor.
 # e is a tensor of eigenvalues.
 # v is a tensor of eigenvectors.
 e, v = eig(a)
 e = eig(a, compute_v=False)
 

ネストされたクラス

クラスEig.Options Eigオプションの属性

パブリックメソッド

静的Eig.Options
computeV (ブールcomputeV)
static <U、T> Eig <U>
createスコープスコープ、オペランド<T>入力、クラス<U> Tout、オプション...オプション)
新しいEig操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。
出力<U>
e ()
固有値。
出力<U>
v ()
固有ベクトル。

継承されたメソッド

パブリックメソッド

public static Eig.Options computeV (Boolean computeV)

パラメーター
computeV `True`の場合、固有ベクトルが計算され、` v`に返されます。それ以外の場合は、固有値のみが計算されます。

public static Eig <U> create スコープスコープ、オペランド<T>入力、クラス<U> Tout、オプション...オプション)

新しいEig操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。

パラメーター
範囲現在のスコープ
入力形状 `[N、N]`の `Tensor`入力。
オプションオプションの属性値を運ぶ
戻り値
  • Eigの新しいインスタンス

パブリック出力<U> e ()

固有値。形は `[N]`です。

パブリック出力<U> v ()

固有ベクトル。形は `[N、N]`です。