警告:このAPIは非推奨であり、置き換えが安定した後 TensorFlowの将来のバージョンで削除される予定です。

このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

EnqueueTPUEmbeddingRaggedTensorBatch

パブリック最終クラスEnqueueTPUEmbeddingRaggedTensorBatch

tf.nn.embedding_lookup()を使用するコードの移植を容易にします。

sample_splits [i]、embedding_indices [i]、aggregation_weights [i]はi番目の機能に対応しています。 table_ids [i]は、i番目の機能を検索する埋め込みテーブルを示します。

2つの入力リストembedding_indicesとaggregation_weightsの対応する位置にあるテンソルは、同じ形状である必要があります。つまり、ランク1で、dim_size()は、対応する機能によって記述されるテーブルへのルックアップの総数に等しくなります。

ネストされたクラス

クラスEnqueueTPUEmbeddingRaggedTensorBatch.Options EnqueueTPUEmbeddingRaggedTensorBatchオプションの属性

パブリックメソッド

静的EnqueueTPUEmbeddingRaggedTensorBatch.Options
コンバイナー(List <String>コンバイナー)
static <T extends Number、U extends Number、V extends Number> EnqueueTPUEmbeddingRaggedTensorBatch
createスコープスコープ、Iterable < Operand <T >> sampleSplits、Iterable < Operand <U >> embeddingIndices、Iterable < Operand <V >> AggregationWeights、 Operand <String> modeOverride、List <Long> tableIds、 Options ... options)
新しいEnqueueTPUEmbeddingRaggedTensorBatch操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。
静的EnqueueTPUEmbeddingRaggedTensorBatch.Options
deviceOrdinal (長いdeviceOrdinal)
静的EnqueueTPUEmbeddingRaggedTensorBatch.Options
maxSequenceLengths (List <Long> maxSequenceLengths)

継承されたメソッド

パブリックメソッド

public static EnqueueTPUEmbeddingRaggedTensorBatch.Optionsコンバイナー(List <String>コンバイナー)

パラメーター
コンバイナー文字列スカラーのリスト。各埋め込みテーブルに1つずつあり、加重合計後に埋め込みアクティベーションを正規化する方法を指定します。サポートされているコンバイナーは、「mean」、「sum」、または「sqrtn」です。 'mean'の場合は重みの合計を0にするか、 'sqrtn'の場合は重みの2乗の合計を0にすることは無効です。コンバイナが渡されない場合、デフォルトではすべてのテーブルに「sum」が使用されます。

public static EnqueueTPUEmbeddingRaggedTensorBatch create スコープスコープ、Iterable < Operand <T >> sampleSplits、Iterable < Operand <U >> embeddingIndices、Iterable < Operand <V >> AggregationWeights、 Operand <String> modeOverride、List <Long> tableIds、 Options。 。オプション)

新しいEnqueueTPUEmbeddingRaggedTensorBatch操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。

パラメーター
範囲現在のスコープ
sampleSplits embedding_indicesとaggregation_weightsを行に分割するためのブレークポイントを指定するランク1テンソルのリスト。 idsがRaggedTensorの場合、embedding_lookup()のids.row_splitsに対応します。
埋め込みインデックスランク1テンソルのリスト、埋め込みテーブルへのインデックス。 idsがRaggedTensorの場合、embedding_lookup()のids.valuesに対応します。
AggregationWeightsトレーニング例ごとの集計重みを含むランク1テンソルのリスト。 idがRaggedTensorの場合、embedding_lookup()のidと同じrow_splitsを持つRaggedTensorのvaluesフィールドに対応します。
modeOverride TPUEmbeddingConfigurationで指定されたモードをオーバーライドする文字列入力。サポートされている値は、{'unspecified'、 'inference'、 'training'、 'backward_pass_only'}です。 'unspecified'に設定すると、TPUEmbeddingConfigurationで設定されたモードが使用されます。それ以外の場合は、mode_overrideが使用されます。
tableIds対応する入力を検索するための埋め込みテーブルの識別子(TPUEmbeddingConfigurationのTableDescriptorのオフセット)を指定する整数のリスト。 i番目の入力はtable_ids [i]を使用して検索されます。 table_idsリストのサイズは、sample_indices、embedding_indices、aggregation_weightsのサイズと同じである必要があります。
オプションオプションの属性値を運ぶ
戻り値
  • EnqueueTPUEmbeddingRaggedTensorBatchの新しいインスタンス

public static EnqueueTPUEmbeddingRaggedTensorBatch.Options deviceOrdinal (Long deviceOrdinal)

パラメーター
deviceOrdinal使用するTPUデバイス。 0以上で、ノードが配置されているタスクのTPUコアの数より少ない必要があります。

public static EnqueueTPUEmbeddingRaggedTensorBatch.Options maxSequenceLengths (List <Long> maxSequenceLengths)