警告:このAPIは非推奨であり、置き換えが安定した後 TensorFlowの将来のバージョンで削除される予定です。

このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

EnqueueTPUEmbeddingSparseBatch

パブリック最終クラスEnqueueTPUEmbeddingSparseBatch

SparseTensorからTPUEmbedding入力インデックスをエンキューする操作。

このOpは、embedding_lookup_sparse()を使用するコードの移植を容易にしますが、トレーニングステップごとに許可されるEnqueueTPUEmbeddingSparseBatch Opは1つだけなので、embedding_lookup_sparse()へのSparseTensor引数のPython前処理が必要です。

3つの入力リストの対応する位置にあるテンソルは同じ形状である必要があります。つまり、ランク1で、dim_size()は、対応するtable_idによって記述されるテーブルへのルックアップの総数に等しくなります。

ネストされたクラス

クラスEnqueueTPUEmbeddingSparseBatch.Options EnqueueTPUEmbeddingSparseBatchオプションの属性

パブリックメソッド

静的EnqueueTPUEmbeddingSparseBatch.Options
コンバイナー(List <String>コンバイナー)
static <T extends Number、U extends Number、V extends Number> EnqueueTPUEmbeddingSparseBatch
createスコープスコープ、Iterable < Operand <T >> sampleIndices、Iterable < Operand <U >> embeddingIndices、Iterable < Operand <V >> AggregationWeights、 Operand <String> modeOverride、 Options ... options)
新しいEnqueueTPUEmbeddingSparseBatch操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。
静的EnqueueTPUEmbeddingSparseBatch.Options
deviceOrdinal (長いdeviceOrdinal)

継承されたメソッド

パブリックメソッド

public static EnqueueTPUEmbeddingSparseBatch.Optionsコンバイナー(List <String>コンバイナー)

パラメーター
コンバイナー文字列スカラーのリスト。各埋め込みテーブルに1つずつあり、加重合計後に埋め込みアクティベーションを正規化する方法を指定します。サポートされているコンバイナーは、「mean」、「sum」、または「sqrtn」です。 'mean'の場合は重みの合計を0にするか、 'sqrtn'の場合は重みの2乗の合計を0にすることは無効です。コンバイナが渡されない場合、デフォルトではすべてのテーブルに「sum」が使用されます。

public static EnqueueTPUEmbeddingSparseBatch create スコープスコープ、Iterable <オペランド<T >> sampleIndices、Iterable <オペランド<U >> embeddingIndices、Iterable <オペランド<V >> aggregationWeights、オペランド<String> modeOverride、 Options ...オプション)

新しいEnqueueTPUEmbeddingSparseBatch操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。

パラメーター
範囲現在のスコープ
sampleIndices対応するembedding_indices値とaggregation_weights値が属するトレーニングの例と機能を指定するランク1テンソルのリスト。 sample_indices [i]はb * nf + fと等しくなければなりません。ここで、nfは対応するテーブルの特徴の数、fは[0、nf)、bは[0、バッチサイズ)です。
埋め込みインデックスランク1テンソルのリスト、埋め込みテーブルへのインデックス。
AggregationWeightsサンプルごと、つまり(トレーニング例、機能)ごとに集計重みを含むランク1テンソルのリスト。
modeOverride TPUEmbeddingConfigurationで指定されたモードをオーバーライドする文字列入力。サポートされている値は、{'unspecified'、 'inference'、 'training'、 'backward_pass_only'}です。 'unspecified'に設定すると、TPUEmbeddingConfigurationで設定されたモードが使用されます。それ以外の場合は、mode_overrideが使用されます。
オプションオプションの属性値を運ぶ
戻り値
  • EnqueueTPUEmbeddingSparseBatchの新しいインスタンス

public static EnqueueTPUEmbeddingSparseBatch.Options deviceOrdinal (Long deviceOrdinal)

パラメーター
deviceOrdinal使用するTPUデバイス。 0以上で、ノードが配置されているタスクのTPUコアの数より少ない必要があります。