警告:このAPIは非推奨であり、置き換えが安定した後 TensorFlowの将来のバージョンで削除される予定です。

このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

ExpandDims

パブリックファイナルクラスExpandDims

テンソルの形状に1の次元を挿入します。

テンソル `input`が与えられると、この操作は` input`の形状の次元インデックス `axis`に次元1を挿入します。寸法インデックス `axis`はゼロから始まります。 `axis`に負の数を指定すると、最後から逆方向にカウントされます。

この操作は、バッチディメンションを単一の要素に追加する場合に役立ちます。たとえば、形状 `[height、width、channels]`の単一の画像がある場合、それを `expand_dims(image、0)`で1つの画像のバッチにすることができます。 、幅、チャネル] `。

その他の例:

# 't' is a tensor of shape [2]
 shape(expand_dims(t, 0)) ==> [1, 2]
 shape(expand_dims(t, 1)) ==> [2, 1]
 shape(expand_dims(t, -1)) ==> [2, 1]
 
 # 't2' is a tensor of shape [2, 3, 5]
 shape(expand_dims(t2, 0)) ==> [1, 2, 3, 5]
 shape(expand_dims(t2, 2)) ==> [2, 3, 1, 5]
 shape(expand_dims(t2, 3)) ==> [2, 3, 5, 1]
 
この操作には、次のものが必要です。

`-1-input.dims()<= dim <= input.dims()`

この操作は、サイズ1の次元を削除する `squeeze()`に関連しています。

パブリックメソッド

出力<T>
asOutput ()
テンソルのシンボリックハンドルを返します。
static <T、U extends Number> ExpandDims <T>
createスコープスコープ、オペランド<T>入力、オペランド<U>軸)
新しいExpandDims操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。
出力<T>
出力()
`input`と同じデータが含まれていますが、その形状にはサイズ1の追加の次元が追加されています。

継承されたメソッド

パブリックメソッド

public Output <T> asOutput ()

テンソルのシンボリックハンドルを返します。

TensorFlow操作への入力は、別のTensorFlow操作の出力です。このメソッドは、入力の計算を表すシンボリックハンドルを取得するために使用されます。

public static ExpandDims <T> create スコープスコープ、オペランド<T>入力、オペランド<U>軸)

新しいExpandDims操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。

パラメーター
範囲現在のスコープ
0-D(スカラー)。 `input`の形状を拡張する次元インデックスを指定します。 `[-rank(input)-1、rank(input)]`の範囲内である必要があります。
戻り値
  • ExpandDimsの新しいインスタンス

public Output <T> output ()

`input`と同じデータが含まれていますが、その形状にはサイズ1の追加の次元が追加されています。