警告:このAPIは非推奨であり、置き換えが安定した後 TensorFlowの将来のバージョンで削除される予定です。

このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

ExtractVolumePatches

パブリック最終クラスExtractVolumePatches

`input`から` patches`を抽出し、それらを `" depth "`出力ディメンションに配置します。 `extract_image_patches`の3D拡張。

パブリックメソッド

出力<T>
asOutput ()
テンソルのシンボリックハンドルを返します。
static <T extends Number> ExtractVolumePatches <T>
createスコープスコープ、オペランド<T>入力、リスト<ロング> ksizes、リスト<ロング>ストライド、文字列パディング)
新しいExtractVolumePatches操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。
出力<T>
パッチ()
形状 `[batch、out_planes、out_rows、out_cols、ksize_planes * ksize_rows * ksize_cols * depth]`の5Dテンソル。サイズ `ksize_planes x ksize_rows x ksize_cols xdepth`のパッチが" depth "次元でベクトル化されています。

継承されたメソッド

パブリックメソッド

public Output <T> asOutput ()

テンソルのシンボリックハンドルを返します。

TensorFlow操作への入力は、別のTensorFlow操作の出力です。このメソッドは、入力の計算を表すシンボリックハンドルを取得するために使用されます。

public static ExtractVolumePatches <T> create スコープスコープ、オペランド<T>入力、リスト<ロング> ksizes、リスト<ロング>ストライド、文字列パディング)

新しいExtractVolumePatches操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。

パラメーター
範囲現在のスコープ
入力形状が `[batch、in_planes、in_rows、in_cols、depth]`の5次元テンソル。
ksizes `input`の各次元のスライディングウィンドウのサイズ。
歩幅長さ5の1-D。2つの連続するパッチの中心が `input`にある距離。 `[1、stride_planes、stride_rows、stride_cols、1]`である必要があります。
パディング使用するパディングアルゴリズムのタイプ。

サイズ関連の属性は次のように指定されます:

ksizes = [1, ksize_planes, ksize_rows, ksize_cols, 1]
 strides = [1, stride_planes, strides_rows, strides_cols, 1]
 
戻り値
  • ExtractVolumePatchesの新しいインスタンス

public Output <T>パッチ()

形状 `[batch、out_planes、out_rows、out_cols、ksize_planes * ksize_rows * ksize_cols * depth]`の5Dテンソル。サイズ `ksize_planes x ksize_rows x ksize_cols xdepth`のパッチが" depth "次元でベクトル化されています。 `out_planes`、` out_rows`、および `out_cols`は出力パッチの寸法であることに注意してください。