警告:このAPIは非推奨であり、置き換えが安定した後 TensorFlowの将来のバージョンで削除される予定です。

このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

指紋

パブリックファイナルクラスフィンガープリント

フィンガープリント値を生成します。

`data`のフィンガープリント値を生成します。

Fingerprint opは、 `data`の最初の次元をバッチ次元と見なし、` output [i] `には、すべての` i`の `data [i、...]`のコンテンツから生成された指紋値が含まれます。

Fingerprint opは、フィンガープリント値をバイト配列として書き込みます。たとえば、デフォルトのメソッド `farmhash64`は、一度に64ビットのフィンガープリント値を生成します。この8バイトの値は、サイズ8の `uint8`配列としてリトルエンディアン順に書き出されます。

たとえば、 `data`のデータ型が` DT_INT32`で形状(2、3、4)であり、フィンガープリントメソッドが `farmhash64`であるとします。この場合、出力形状は(2、8)です。ここで、2は `data`のバッチ次元サイズ、8はバイト単位の各フィンガープリント値のサイズです。 `output [0、:]`は `data [0、:、:]`の12個の整数から生成され、同様に `output [1、:]`は `data [1、:、:]の他の12個の整数から生成されます。 `。

この操作は、基になる生のバッファーをフィンガープリントし、データ型や形状などのTensorのメタデータをフィンガープリントしないことに注意してください。たとえば、バッチディメンションが同じである限り、フィンガープリント値はリシェイプとビットキャストで不変です。

Fingerprint(data) == Fingerprint(Reshape(data, ...))
 Fingerprint(data) == Fingerprint(Bitcast(data, ...))
 
文字列データの場合、一般に `Fingerprint(data)!= Fingerprint(ReduceJoin(data))`を期待する必要があります。

パブリックメソッド

出力< UInt8 >
asOutput ()
テンソルのシンボリックハンドルを返します。
静的<T>フィンガープリント
createスコープスコープ、オペランド<T>データ、オペランド<文字列>メソッド)
新しいFingerprint操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。
出力< UInt8 >
指紋()
タイプ `tf.uint8`の2次元の` Tensor`。

継承されたメソッド

パブリックメソッド

public Output < UInt8 > asOutput ()

テンソルのシンボリックハンドルを返します。

TensorFlow操作への入力は、別のTensorFlow操作の出力です。このメソッドは、入力の計算を表すシンボリックハンドルを取得するために使用されます。

public static Fingerprint create スコープスコープ、オペランド<T>データ、オペランド<文字列>メソッド)

新しいFingerprint操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。

パラメーター
範囲現在のスコープ
データランク1以上である必要があります。
方法この操作で使用される指紋方式。現在利用可能なメソッドは `farmhash :: fingerprint64`です。
戻り値
  • 指紋の新しいインスタンス

public Output < UInt8 >フィンガープリント()

タイプ `tf.uint8`の2次元の` Tensor`。最初の次元は `data`の最初の次元に等しく、2番目の次元のサイズはフィンガープリントアルゴリズムに依存します。