警告:このAPIは非推奨であり、置き換えが安定した後 TensorFlowの将来のバージョンで削除される予定です。

このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

GRUBlockCell

パブリックファイナルクラスGRUBlockCell

1タイムステップのGRUセル順伝播を計算します。

Args x:GRUセルへの入力。 h_prev:前のGRUセルからの状態入力。 w_ru:リセットおよび更新ゲートの重み行列。 w_c:セル接続ゲートの重み行列。 b_ru:リセットおよび更新ゲートのバイアスベクトル。 b_c:セル接続ゲートのバイアスベクトル。

戻り値r:リセットゲートの出力。 u:更新ゲートの出力。 c:セル接続ゲートの出力。 h:GRUセルの現在の状態。

変数の表記に関する注意:

aとbの連結はa_bで表されますaとbの要素ごとの内積はabで表されます要素ごとの内積は\ circで表されます行列の乗算は*で表されます

バイアスは次のように初期化されます: `b_ru` --constant_initializer(1.0)` b_c` --constant_initializer(0.0)

このカーネル操作は、次の数式を実装します:

x_h_prev = [x, h_prev]
 
 [r_bar u_bar] = x_h_prev * w_ru + b_ru
 
 r = sigmoid(r_bar)
 u = sigmoid(u_bar)
 
 h_prevr = h_prev \circ r
 
 x_h_prevr = [x h_prevr]
 
 c_bar = x_h_prevr * w_c + b_c
 c = tanh(c_bar)
 
 h = (1-u) \circ c + u \circ h_prev
 

パブリックメソッド

出力<T>
c ()
static <T extends Number> GRUBlockCell <T>
createスコープスコープ、オペランド<T> x、オペランド<T> hPrev、オペランド<T> wRu、オペランド<T> wC、オペランド<T> bRu、オペランド<T> bC)
新しいGRUBlockCell操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。
出力<T>
h ()
出力<T>
r ()
出力<T>
u ()

継承されたメソッド

パブリックメソッド

パブリック出力<T> c ()

public static GRUBlockCell <T> create スコープスコープ、オペランド<T> x、オペランド<T> hPrev、オペランド<T> wRu、オペランド<T> wC、オペランド<T> bRu、オペランド<T> bC)

新しいGRUBlockCell操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。

パラメーター
範囲現在のスコープ
戻り値
  • GRUBlockCellの新しいインスタンス

パブリック出力<T> h ()

パブリック出力<T> r ()

パブリック出力<T> u ()