警告:このAPIは非推奨であり、置き換えが安定した後 TensorFlowの将来のバージョンで削除される予定です。

このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

グラデーション

パブリッククラスのグラデーション

y s wrt x sの合計の偏導関数を計算する演算を追加します。つまり、 d(y_1 + y_2 + ...)/dx_1, d(y_1 + y_2 + ...)/dx_2...

場合Options.dx()値が設定され、それらはいくつかの損失関数の初期シンボリック偏導関数の通りであるL WRTのyOptions.dx()のサイズはy必要があります。

Options.dx()が設定されていない場合、実装はyすべての形状にOnesLike dxを使用します。

偏導関数は、 xのサイズで出力dyに返されます。

使用例:

Gradients gradients = Gradients.create(scope, Arrays.asList(loss), Arrays.asList(w, b));
 
 Constant<Float> alpha = ops.constant(1.0f, Float.class);
 ApplyGradientDescent.create(scope, w, alpha, gradients.<Float>dy(0));
 ApplyGradientDescent.create(scope, b, alpha, gradients.<Float>dy(1));
 

ネストされたクラス

クラスGradients.Options Gradientsオプションの属性

パブリックメソッド

静的グラデーション
createスコープスコープ、オペランド<?> y、反復可能<?はオペランド<?>> x、オプション...オプションを拡張します)
スコープに応じて、勾配計算操作をグラフに追加します。
静的グラデーション
createスコープスコープ、Iterable <?extends Operand <?>> y、Iterable <?extends Operand <?>> x、 Options ... options)
スコープに応じて、勾配計算操作をグラフに追加します。
static Gradients.Options
dx (Iterable <?はオペランド<?>> dxを拡張します)
<T>出力<T>
dy (intインデックス)
勾配演算出力の1つにシンボリックハンドルを返します

警告:テンソルのタイプがTと一致することをチェックしません。

リスト<出力<?>>
dy ()
y swrtの偏導関数
イテレータ<オペランド<?>>

継承されたメソッド

パブリックメソッド

public static Gradients create スコープスコープ、オペランド<?> y、反復可能<?はオペランド<?>> x、オプション...オプションを拡張します)

スコープに応じて、勾配計算操作をグラフに追加します。

これは、 ERROR(/#create(Scope, Iterable, Iterable, Options...))簡略化されたバージョンです。ここで、 yは単一の出力です。

パラメーター
範囲現在のグラフスコープ
y導出する関数の出力
バツ偏導関数が計算される関数の入力
オプションオプションの属性値を運ぶ
戻り値
  • Gradients新しいインスタンス
投げる
IllegalArgumentException実行環境がグラフでない場合

public static Gradients create スコープスコープ、Iterable <?extends Operand <?>> y、Iterable <?extends Operand <?>> x、 Options ... options)

スコープに応じて、勾配計算操作をグラフに追加します。

パラメーター
範囲現在のグラフスコープ
y導出する関数の出力
バツ偏導関数が計算される関数の入力
オプションオプションの属性値を運ぶ
戻り値
  • Gradients新しいインスタンス
投げる
IllegalArgumentException実行環境がグラフでない場合

public static Gradients.Options dx (Iterable <?extends Operand <?>> dx)

パラメーター
dxいくつかの損失関数の偏導関数L WRTのy
戻り値
  • この操作にオプションを追加するビルダー

public Output <T> dy (int index)

勾配演算出力の1つにシンボリックハンドルを返します

警告:テンソルの型がTと一致するかどうかはチェックしません。このメソッドは、 gradients.<Float>dy(0)推測ではなく、明示的な型パラメーターを使用して呼び出すことをお勧めしますgradients.<Float>dy(0)

パラメーター
インデックスこの操作によって追加された勾配間の出力のインデックス

パブリックリスト<出力<?>> dy ()

y s wrt x sの偏導関数、サイズx

public Iterator < Operand <?>> iterator ()