警告:このAPIは非推奨であり、置き換えが安定した後 TensorFlowの将来のバージョンで削除される予定です。

ImageProjectiveTransformV3

パブリックファイナルクラスImageProjectiveTransformV3

指定された変換を各画像に適用します。

`transforms`の1行が` [a0、a1、a2、b0、b1、b2、c0、c1] `の場合、出力ポイント`(x、y) `を変換された入力ポイント`(x ' 、y ')=((a0 x + a1 y + a2)/ k、(b0 x + b1 y + b2)/ k) `、ここで` k = c0 x + c1 y + 1`。変換されたポイントが入力画像の外側にある場合、出力ピクセルはfill_valueに設定されます。

ネストされたクラス

クラスImageProjectiveTransformV3.Options ImageProjectiveTransformV3オプションの属性

パブリックメソッド

出力<T>
asOutput ()
テンソルのシンボリックハンドルを返します。
static <T extends Number> ImageProjectiveTransformV3 <T>
createスコープスコープ、 Operand <T>画像、 Operand <Float>変換、 Operand <Integer> outputShape、 Operand <Float> fillValue、文字列補間、オプション...オプション)
新しいImageProjectiveTransformV3操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。
static ImageProjectiveTransformV3.Options
fillMode (String fillMode)
出力<T>
transformImages ()
形状が `[batch、new_height、new_width、channels]`の4-D。

継承されたメソッド

パブリックメソッド

public Output <T> asOutput ()

テンソルのシンボリックハンドルを返します。

TensorFlow操作への入力は、別のTensorFlow操作の出力です。このメソッドは、入力の計算を表すシンボリックハンドルを取得するために使用されます。

public static ImageProjectiveTransformV3 <T> create スコープスコープ、 Operand <T>画像、 Operand <Float>変換、 Operand <Integer> outputShape、 Operand <Float> fillValue、文字列補間、オプション...オプション)

新しいImageProjectiveTransformV3操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。

パラメーター
範囲現在のスコープ
画像形状 `[バッチ、高さ、幅、チャネル]`の4D。
変換します2次元テンソル、 `[batch、8]`または `[1、8]`行列。各行は、3 x 3の射影変換行列に対応し、最後のエントリは1と見なされます。行が1つある場合、同じ変換がすべての画像に適用されます。
outputShape 1-Dテンソル[new_height、new_width]。
fillValue float、fill_modeが定数の場合に入力される値」。
補間補間方法、「NEAREST」または「BILINEAR」。
オプションオプションの属性値を運ぶ
戻り値
  • ImageProjectiveTransformV3の新しいインスタンス

public static ImageProjectiveTransformV3.Options fillMode (String fillMode)

パラメーター
fillMode塗りつぶしモード、「REFLECT」、「WRAP」、「CONSTANT」、または「NEAREST」。

public Output <T> transformImages ()

形状が `[batch、new_height、new_width、channels]`の4-D。