警告:このAPIは非推奨であり、置き換えが安定した後 TensorFlowの将来のバージョンで削除される予定です。

このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

InitializeTableFromTextFile

パブリック最終クラスInitializeTableFromTextFile

テキストファイルからテーブルを初期化します。

ファイルの各行のテーブルに1つのキーと値のペアを挿入します。キーと値は、行の内容全体、「区切り文字」に基づく分割行の要素、または行番号(ゼロから開始)から抽出されます。行からキーと値を抽出する場所は、 `key_index`と` value_index`で指定されます。

-値-1は、行番号(ゼロから開始)を使用することを意味し、 `int64`を予期します。 --2の値は、行の内容全体を使用することを意味し、 `string`を想定しています。 -値> = 0は、 `delimiter`に基づく分割線のインデックス(ゼロから開始)を使用することを意味します。

ネストされたクラス

クラスInitializeTableFromTextFile.Options InitializeTableFromTextFileオプションの属性

パブリックメソッド

static InitializeTableFromTextFile
createスコープスコープ、オペランド<?> tableHandle、オペランド<文字列>ファイル名、ロングキーインデックス、ロング値インデックス、オプション...オプション)
新しいInitializeTableFromTextFile操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。
static InitializeTableFromTextFile.Options
区切り文字(文字列区切り文字)
static InitializeTableFromTextFile.Options
vocabSize (長いvocabSize)

継承されたメソッド

パブリックメソッド

public static InitializeTableFromTextFile create スコープスコープ、オペランド<?> tableHandle、オペランド<文字列>ファイル名、ロングキーインデックス、ロング値インデックス、オプション...オプション)

新しいInitializeTableFromTextFile操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。

パラメーター
範囲現在のスコープ
tableHandle初期化されるテーブルへのハンドル。
ファイル名語彙テキストファイルのファイル名。
keyIndexテーブルの `key`値を取得する行の列インデックス。
valueIndexテーブルの `value`値を取得する行の情報を表す列インデックス。
オプションオプションの属性値を運ぶ
戻り値
  • InitializeTableFromTextFileの新しいインスタンス

public static InitializeTableFromTextFile.Options delimiter (String delimiter)

パラメーター
デリミタ行内のフィールドを区切るための区切り文字。

public static InitializeTableFromTextFile.Options vocabSize (Long vocabSize)

パラメーター
vocabSizeファイルの要素数。不明な場合は-1を使用します。