警告:このAPIは非推奨であり、置き換えが安定した後 TensorFlowの将来のバージョンで削除される予定です。

KmeansPlusPlusInitialization

パブリックファイナルクラスKmeansPlusPlusInitialization

KMeans ++基準を使用して、入力のnum_to_sample行を選択します。

ポイントの行は入力ポイントと見なされます。 1つの行がランダムに選択されます。後続の行は、num_to_sample行がサンプリングされるまで、これまでに選択された最も近い行からのL2距離の2乗に比例する確率でサンプリングされます。

パブリックメソッド

出力<フロート>
asOutput ()
テンソルのシンボリックハンドルを返します。
静的KmeansPlusPlusInitialization
createスコープスコープ、 Operand <Float>ポイント、 Operand <Long> numToSample、 Operand <Long>シード、 Operand <Long> numRetriesPerSample)
新しいKmeansPlusPlusInitialization操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。
出力<フロート>
サンプル()
形状のマトリックス(num_to_sample、d)。

継承されたメソッド

パブリックメソッド

public Output <Float> asOutput ()

テンソルのシンボリックハンドルを返します。

TensorFlow操作への入力は、別のTensorFlow操作の出力です。このメソッドは、入力の計算を表すシンボリックハンドルを取得するために使用されます。

public static KmeansPlusPlusInitialization create スコープスコープ、オペランド<浮動小数点>ポイント、オペランド<ロング> numToSample、オペランド<ロング>シード、オペランド<ロング> numRetriesPerSample)

新しいKmeansPlusPlusInitialization操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。

パラメーター
範囲現在のスコープ
ポイント形状のマトリックス(n、d)。行は入力ポイントと見なされます。
numToSampleスカラー。サンプリングする行数。この値はnより大きくてはなりません。
シードスカラー。乱数ジェネレーターを初期化するためのシード。
numRetriesPerSampleスカラー。サンプリングされる各行について、このパラメーターは、最適なものを選択する前に、現在の分布から描画する追加のポイントの数を指定します。負の値が指定された場合、ヒューリスティックを使用してO(log(num_to_sample))の追加ポイントをサンプリングします。
戻り値
  • KmeansPlusPlusInitializationの新しいインスタンス

public Output <Float>サンプル()

形状のマトリックス(num_to_sample、d)。サンプリングされた行。