警告:このAPIは非推奨であり、置き換えが安定した後 TensorFlowの将来のバージョンで削除される予定です。

このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

KthOrderStatistic

パブリックファイナルクラスKthOrderStatistic

データセットのK次統計量を計算します。現在

実装では、入力データに対して正確に32回のパスを必要とするバイナリ検索を使用します。実行時間は、入力サイズに対して線形です。中央値の中央値アルゴリズムはおそらく高速ですが、XLAで効率的に実装することは困難です。実装は、フロートに全順序を課します。順序は、通常の半順序と一致しています。正のNaNは、正の無限大よりも大きくなります。負のNaNは負の無限大未満です。異なるペイロードを持つNaNは、異なるものとして扱われます。非正規化数は保持されます(ゼロにフラッシュされません)。正の無限大はすべての数値よりも大きくなります。負の無限大はすべての数よりも小さいです。正は負のゼロよりも大きいです。 k次の統計よりも大きいk未満の値があります。 K次統計量以上の値が少なくともk個あります。セマンティクスはtop_k_uniqueと同じではありません。

パブリックメソッド

出力<フロート>
asOutput ()
テンソルのシンボリックハンドルを返します。
静的KthOrderStatistic
createスコープスコープ、オペランド<Float>入力、Long k)
新しいKthOrderStatistic操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。
出力<フロート>
出力()

継承されたメソッド

パブリックメソッド

public Output <Float> asOutput ()

テンソルのシンボリックハンドルを返します。

TensorFlow操作への入力は、別のTensorFlow操作の出力です。このメソッドは、入力の計算を表すシンボリックハンドルを取得するために使用されます。

public static KthOrderStatistic create スコープスコープ、オペランド<Float>入力、Long k)

新しいKthOrderStatistic操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。

パラメーター
範囲現在のスコープ
戻り値
  • KthOrderStatisticの新しいインスタンス

public Output <Float> output ()