警告:このAPIは非推奨であり、置き換えが安定した後 TensorFlowの将来のバージョンで削除される予定です。

このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

MirrorPad

パブリックファイナルクラスMirrorPad

ミラーリングされた値でテンソルをパディングします。

この操作は、指定した「パディング」に従ってミラーリングされた値で「入力」をパディングします。 `paddings`は、形状が` [n、2] `の整数テンソルです。ここで、nは` input`のランクです。 `input`の各次元Dについて、` paddings [D、0] `は、その次元の` input`の内容の前に追加する値の数を示し、 `paddings [D、1]`は、後に追加する値の数を示します。その次元の `input`の内容。 `copy_border`がtrueの場合、` paddings [D、0] `と` paddings [D、1] `の両方が` input.dim_size(D) `(または` input.dim_size(D)-1`)以下でなければなりません(それぞれfalseの場合)。

出力の各次元Dのパッドサイズは次のとおりです。

`paddings(D、0)+ input.dim_size(D)+ paddings(D、1)`

例:

# 't' is [[1, 2, 3], [4, 5, 6]].
 # 'paddings' is [[1, 1]], [2, 2]].
 # 'mode' is SYMMETRIC.
 # rank of 't' is 2.
 pad(t, paddings) ==> [[2, 1, 1, 2, 3, 3, 2]
                       [2, 1, 1, 2, 3, 3, 2]
                       [5, 4, 4, 5, 6, 6, 5]
                       [5, 4, 4, 5, 6, 6, 5]]
 

パブリックメソッド

出力<T>
asOutput ()
テンソルのシンボリックハンドルを返します。
static <T、U extends Number> MirrorPad <T>
createスコープスコープ、オペランド<T>入力、オペランド<U>パディング、文字列モード)
新しいMirrorPad操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。
出力<T>
出力()
パッド入りテンソル。

継承されたメソッド

パブリックメソッド

public Output <T> asOutput ()

テンソルのシンボリックハンドルを返します。

TensorFlow操作への入力は、別のTensorFlow操作の出力です。このメソッドは、入力の計算を表すシンボリックハンドルを取得するために使用されます。

public static MirrorPad <T> create スコープスコープ、オペランド<T>入力、オペランド<U>パディング、文字列モード)

新しいMirrorPad操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。

パラメーター
範囲現在のスコープ
入力パディングされる入力テンソル。
パディングパディングサイズを指定する2列の行列。行数は `input`のランクと同じでなければなりません。
モード`REFLECT`または` SYMMETRIC`のいずれか。リフレクトモードでは、パディングされた領域には境界線が含まれませんが、対称モードでは、パディングされた領域に境界線が含まれます。たとえば、 `input`が` [1、2、3] `で、` paddings`が `[0、2]`の場合、リフレクトモードでの出力は `[1、2、3、2、1]`です。 、対称モードでは `[1、2、3、3、2]`です。
戻り値
  • MirrorPadの新しいインスタンス

public Output <T> output ()

パッド入りテンソル。