警告:このAPIは非推奨であり、置き換えが安定した後 TensorFlowの将来のバージョンで削除される予定です。

このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

MlirPassthroughOp

パブリックファイナルクラスMlirPassthroughOp

main()関数を持つモジュールとして表現された任意のMLIR計算をラップします。

この操作にはカーネルが関連付けられておらず、通常のTensorFlowセッションで実行することを目的としていません。代わりに、テストや、ユーザーがカスタムMLIR計算をTensorFlowグラフに渡して、カスタムツールでダウンストリームで処理することを目的とした特別な場合(たとえば、TensorFlow liteなどの別の環境を対象とする場合)に使用することを目的としています。 MLIRモジュールには、エントリポイントとして使用されるmain()関数が必要です。操作への入力は引数としてmain()関数に渡され、main関数の戻り値は出力にマップされます。使用例:

 import tensorflow as tf
 from tensorflow.compiler.mlir.tensorflow.gen_mlir_passthrough_op import mlir_passthrough_op
 
 mlir_module = '''python
 func @main(%arg0 : tensor<10xf32>, %arg1 : tensor<10xf32>) -> tensor<10x10xf32> {
    %add = "magic.op"(%arg0, %arg1) : (tensor<10xf32>, tensor<10xf32>) -> tensor<10x10xf32>
    return %ret : tensor<10x10xf32>
 
 '''

パブリックメソッド

静的MlirPassthroughOp
createスコープスコープ、Iterable < Operand <?>>入力、String mlirModule、List <Class <?>> Toutputs)
新しいMlirPassthroughOp操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。
イテレータ<オペランド<オブジェクト>>
リスト<出力<?>>
出力()

継承されたメソッド

パブリックメソッド

public static MlirPassthroughOp create スコープスコープ、Iterable < Operand <?>>入力、String mlirModule、List <Class <?>> Toutputs)

新しいMlirPassthroughOp操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。

パラメーター
範囲現在のスコープ
戻り値
  • MlirPassthroughOpの新しいインスタンス

public Iterator < Operand <Object >> iterator ()

public List <出力<?>>出力()