警告:このAPIは非推奨であり、置き換えが安定した後 TensorFlowの将来のバージョンで削除される予定です。

このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

QuantizedConcat

パブリックファイナルクラスQuantizedConcat

量子化されたテンソルを1つの次元に沿って連結します。

パブリックメソッド

static <T> QuantizedConcat <T>
createスコープスコープ、 Operand <Integer> concatDim、Iterable < Operand <T >>値、Iterable < Operand <Float >> inputMins、Iterable < Operand <Float >> inputMaxes)
新しいQuantizedConcat操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。
出力<T>
出力()
`concat_dim`次元に沿って積み重ねられた値の連結を持つ` Tensor`。
出力<フロート>
outputMax ()
最大量子化出力値が表す浮動小数点値。
出力<フロート>
outputMin ()
最小量子化出力値が表す浮動小数点値。

継承されたメソッド

パブリックメソッド

public static QuantizedConcat <T> create スコープスコープ、オペランド<整数> concatDim、Iterable <オペランド<T >>値、Iterable <オペランド<Float >> inputMins、Iterable < Operand <Float >> inputMaxes)

新しいQuantizedConcat操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。

パラメーター
範囲現在のスコープ
concatDim 0-D。連結する次元。 [0、rank(values))の範囲内である必要があります。
連結する `N`テンソル。それらのランクとタイプは一致する必要があり、それらのサイズは `concat_dim`を除くすべての次元で一致する必要があります。
inputMins各入力テンソルの最小スカラー値。
inputMaxes各入力テンソルの最大スカラー値。
戻り値
  • QuantizedConcatの新しいインスタンス

public Output <T> output ()

`concat_dim`次元に沿って積み重ねられた値の連結を持つ` Tensor`。このテンソルの形状は、サイズの合計がある `concat_dim`を除いて、` values`の形状と一致します。

public Output <Float> outputMax ()

最大量子化出力値が表す浮動小数点値。

public Output <Float> outputMin ()

最小量子化出力値が表す浮動小数点値。