警告:このAPIは非推奨であり、置き換えが安定した後 TensorFlowの将来のバージョンで削除される予定です。

このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

QuantizedDepthwiseConv2DWithBias

パブリック最終クラスQuantizedDepthwiseConv2DWithBias

バイアスを使用して量子化された深さ方向のConv2Dを計算します。

ネストされたクラス

クラスQuantizedDepthwiseConv2DWithBias.Options QuantizedDepthwiseConv2DWithBiasオプションの属性

パブリックメソッド

static <V、T、U> QuantizedDepthwiseConv2DWithBias <V>
createスコープスコープ、 Operand <T>入力、 Operand <U>フィルタ、 Operand <Float>バイアス、 Operand <Float> minInput、 Operand <Float> maxInput、 Operand <Float> minFilter、 Operand <Float> maxFilter、Class <V > outType、List <Long>ストライド、文字列パディング、オプション...オプション)
新しいQuantizedDepthwiseConv2DWithBias操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。
static QuantizedDepthwiseConv2DWithBias.Options
拡張(List <Long>拡張)
出力<フロート>
maxOutput ()
最大量子化出力値が表す浮動小数点値。
出力<フロート>
minOutput ()
最小量子化出力値が表す浮動小数点値。
出力<V>
出力()
出力テンソル。

継承されたメソッド

パブリックメソッド

public static QuantizedDepthwiseConv2DWithBias <V> create スコープスコープ、オペランド<T>入力、オペランド<U>フィルタ、オペランド<浮動小数点>バイアス、オペランド<浮動小数点> minInput、オペランド<浮動小数点数> maxInput、オペランド<浮動小数点数> minFilter、オペランド<浮動小数点数> maxFilter、Class <V> outType、List <Long>ストライド、文字列パディング、オプション...オプション)

新しいQuantizedDepthwiseConv2DWithBias操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。

パラメーター
範囲現在のスコープ
入力元の入力テンソル。
フィルタ元のフィルターテンソル。
バイアス元のバイアステンソル。
minInput最小量子化入力値が表す浮動小数点値。
maxInput最大量子化入力値が表す浮動小数点値。
minFilter最小量子化フィルター値が表す浮動小数点値。
maxFilter最大量子化フィルター値が表す浮動小数点値。
outType出力のタイプ。
歩幅ストライド値のリスト。
オプションオプションの属性値を運ぶ
戻り値
  • QuantizedDepthwiseConv2DWithBiasの新しいインスタンス

public static QuantizedDepthwiseConv2DWithBias.Options dilations (List <Long> dilations)

パラメーター
膨張膨張値のリスト。

public Output <Float> maxOutput ()

最大量子化出力値が表す浮動小数点値。

public Output <Float> minOutput ()

最小量子化出力値が表す浮動小数点値。

パブリック出力<V>出力()

出力テンソル。