警告:このAPIは非推奨であり、置き換えが安定した後 TensorFlowの将来のバージョンで削除される予定です。

このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

QuantizedMatMulWithBiasAndReluAndRequantize

パブリック最終クラスQuantizedMatMulWithBiasAndReluAndRequantize

バイアスaddとreluを使用して、行列 `b`による` a`の量子化行列乗算を実行し、融合を再量子化します。

入力は、2次元行列と1Dバイアスベクトルである必要があります。また、 `a`の内側の次元(` transpose_a`がゼロ以外の場合に転置された後)は `b`の外側の次元(` transposed_b`がゼロ以外の場合に転置された後)と一致する必要があります。次に、行列の乗算結果にバイアス値を使用してブロードキャスト加算演算を実行します。バイアスサイズは `b`の内部寸法と一致する必要があります。次に、reluアクティベーションを実行して、非負の結果を取得します。次に、操作を再量子化して、最終的なuint8の結果を取得します。

ネストされたクラス

クラスQuantizedMatMulWithBiasAndReluAndRequantize.Options QuantizedMatMulWithBiasAndReluAndRequantizeオプションの属性

パブリックメソッド

static <W、T、U、V> QuantizedMatMulWithBiasAndReluAndRequantize <W>
createスコープスコープ、オペランド<T> a、オペランド<U> b、オペランド<V>バイアス、オペランド<フロート> minA、オペランド<フロート> maxA、オペランド<フロート> minB、オペランド<フロート> maxB、オペランド<フロート> minFreezedOutput、 Operand <Float> maxFreezedOutput、Class <W> Toutput、Options ... options)
新しいQuantizedMatMulWithBiasAndReluAndRequantize操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。
staticQuantizedMatMulWithBiasAndReluAndRequantize.Options
inputQuantMode (String inputQuantMode)
出力<フロート>
maxOut ()
量子化された最大の出力値が表す浮動小数点値。
出力<フロート>
minOut ()
量子化された最小の出力値が表す浮動小数点値。
出力<W>
アウト()
staticQuantizedMatMulWithBiasAndReluAndRequantize.Options
transposeA (ブール値transposeA)
staticQuantizedMatMulWithBiasAndReluAndRequantize.Options
transposeB (ブール値transposeB)

継承されたメソッド

パブリックメソッド

public static QuantizedMatMulWithBiasAndReluAndRequantize <W> create スコープスコープ、オペランド<T> a、オペランド<U> b、オペランド<V>バイアス、オペランド<フロート> minA、オペランド<フロート> maxA、オペランド<フロート> minB、オペランド<フロート> maxB、 Operand <Float> minFreezedOutput、 Operand <Float> maxFreezedOutput、Class <W> Toutput、Options ...オプション)

新しいQuantizedMatMulWithBiasAndReluAndRequantize操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。

パラメーター
範囲現在のスコープ
A乗算する行列。タイプ `quint8`の2次元テンソルである必要があります。
b乗算される行列であり、タイプ `qint8`の2次元テンソルである必要があります。
バイアスサイズが `b`の内部次元と一致する1Dバイアステンソル(` transposed_b`がゼロ以外の場合に転置された後)。
minA最小の量子化された `a`値が表すfloat値。
maxA量子化された最大の `a`値が表すfloat値。
minB最小の量子化された `b`値が表すfloat値。
maxB量子化された最大の `b`値が表すfloat値。
minFreezedOutput再量子化後の最大量子化出力値のfloat値。
オプションオプションの属性値を運ぶ
戻り値
  • QuantizedMatMulWithBiasAndReluAndRequantizeの新しいインスタンス

public staticQuantizedMatMulWithBiasAndReluAndRequantize.Options inputQuantMode (String inputQuantMode)

パラメーター
inputQuantMode入力データ量子化モード。 MIN_FIRST(デフォルト)またはSCALEDのいずれか。

public Output <Float> maxOut ()

量子化された最大の出力値が表す浮動小数点値。

public Output <Float> minOut ()

量子化された最小の出力値が表す浮動小数点値。

public Output <W> out ()

public staticQuantizedMatMulWithBiasAndReluAndRequantize.Options transposeA (ブール値transposeA)

パラメーター
transposeA trueの場合、 `a`は乗算の前に転置されます。

public staticQuantizedMatMulWithBiasAndReluAndRequantize.Options transposeB (ブール値transposeB)

パラメーター
transposeB trueの場合、 `b`は乗算の前に転置されます。