警告:このAPIは非推奨であり、置き換えが安定した後 TensorFlowの将来のバージョンで削除される予定です。

このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

QuantizedMatMulWithBiasAndRequantize

パブリック最終クラスQuantizedMatMulWithBiasAndRequantize

ネストされたクラス

クラスQuantizedMatMulWithBiasAndRequantize.Options QuantizedMatMulWithBiasAndRequantizeオプションの属性

パブリックメソッド

static <W、T、U、V> QuantizedMatMulWithBiasAndRequantize <W>
createスコープスコープ、オペランド<T> a、オペランド<U> b、オペランド<V>バイアス、オペランド<フロート> minA、オペランド<フロート> maxA、オペランド<フロート> minB、オペランド<フロート> maxB、オペランド<フロート> minFreezedOutput、 Operand <Float> maxFreezedOutput、Class <W> Toutput、 Options ... options)
新しいQuantizedMatMulWithBiasAndRequantize操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。
static QuantizedMatMulWithBiasAndRequantize.Options
inputQuantMode (String inputQuantMode)
出力<フロート>
maxOut ()
出力<フロート>
minOut ()
出力<W>
アウト()
static QuantizedMatMulWithBiasAndRequantize.Options
transposeA (ブール値transposeA)
static QuantizedMatMulWithBiasAndRequantize.Options
transposeB (ブール値transposeB)

継承されたメソッド

パブリックメソッド

public static QuantizedMatMulWithBiasAndRequantize <W> create スコープスコープ、オペランド<T> a、オペランド<U> b、オペランド<V>バイアス、オペランド<フロート> minA、オペランド<フロート> maxA、オペランド<フロート> minB、オペランド<フロート> maxB、 Operand <Float> minFreezedOutput、 Operand <Float> maxFreezedOutput、Class <W> Toutput、 Options ...オプション)

新しいQuantizedMatMulWithBiasAndRequantize操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。

パラメーター
範囲現在のスコープ
オプションオプションの属性値を運ぶ
戻り値
  • QuantizedMatMulWithBiasAndRequantizeの新しいインスタンス

public static QuantizedMatMulWithBiasAndRequantize.Options inputQuantMode (String inputQuantMode)

public Output <Float> maxOut ()

public Output <Float> minOut ()

public Output <W> out ()

public static QuantizedMatMulWithBiasAndRequantize.Options transposeA (ブール値transposeA)

public static QuantizedMatMulWithBiasAndRequantize.Options transposeB (ブール値transposeB)