警告:このAPIは非推奨であり、置き換えが安定した後 TensorFlowの将来のバージョンで削除される予定です。

このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

RaggedCross

パブリックファイナルクラスRaggedCross

テンソルのリストから特徴クロスを生成し、それをRaggedTensorとして返します。詳細については、 `tf.ragged.cross`を参照してください。

パブリックメソッド

static <T、U extends Number> RaggedCross <T、U>
createスコープスコープ、Iterable <オペランド<?>> raggedValues、Iterable <オペランド<?>> raggedRowSplits、Iterable <オペランド<Long >> sparseIndices、Iterable <オペランド<?>> sparseValues、Iterable <オペランド<Long >> sparseShape、 Iterable < Operand <?>> densityInputs、String inputOrder、Boolean hashedOutput、Long numBuckets、Long hashKey、Class <T> outValuesType、Class <U> outRowSplitsType)
新しいRaggedCross操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。
出力<U>
outputRowSplits ()
返された `RaggedTensor`の` row_splits`。
出力<T>
outputValues ()
返された `RaggedTensor`の` values`。

継承されたメソッド

パブリックメソッド

public static RaggedCross <T、U> create スコープスコープ、Iterable <オペランド<?>> raggedValues、Iterable <オペランド<?>> raggedRowSplits、Iterable <オペランド<Long >> sparseIndices、Iterable <オペランド<?>> sparseValues、Iterable <オペランド<Long >> sparseShape、Iterable <オペランド<?>> densityInputs、String inputOrder、Boolean hashedOutput、Long numBuckets、Long hashKey、Class <T> outValuesType、Class <U> outRowSplitsType)

新しいRaggedCross操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。

パラメーター
範囲現在のスコープ
raggedValues各RaggedTensor入力の値テンソル。
raggedRowSplits各RaggedTensor入力のrow_splitsテンソル。
sparseIndices各SparseTensor入力のインデックステンソル。
sparseValues各SparseTensor入力の値テンソル。
sparseShape各SparseTensor入力のdense_shapeテンソル。
高密度入力tf.Tensor入力。
inputOrder各入力のテンソルタイプを指定する文字列。この文字列の `i`番目の文字は、` i`番目の入力のタイプを指定し、 'R'(不規則)、 'D'(密)、または 'S'(疎)のいずれかです。この属性は、交差した値がtf.ragged.crossへの呼び出しからの入力の順序で結合されるようにするために使用されます。
戻り値
  • RaggedCrossの新しいインスタンス

public Output <U> outputRowSplits ()

返された `RaggedTensor`の` row_splits`。

public Output <T> outputValues ()

返された `RaggedTensor`の` values`。