警告:このAPIは非推奨であり、置き換えが安定した後 TensorFlowの将来のバージョンで削除される予定です。

このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

RaggedRange

パブリックファイナルクラスRaggedRange

指定された数値のシーケンスを含む `RaggedTensor`を返します。

`rt_dense_values`と` rt_nested_splits`で構成される `RaggedTensor``result`を返します。

(rt_nested_splits, rt_dense_values) = ragged_range(
       starts=[2, 5, 8], limits=[3, 5, 12], deltas=1)
 result = tf.ragged.from_row_splits(rt_dense_values, rt_nested_splits)
 print(result)
 <tf.RaggedTensor [[2], [], [8, 9, 10, 11]] >
 
入力テンソル `starts`、` limits`、および `deltas`は、スカラーまたはベクトルの場合があります。ベクトル入力はすべて同じサイズである必要があります。スカラー入力は、ベクトル入力のサイズに一致するようにブロードキャストされます。

パブリックメソッド

static <T extends Number> RaggedRange <Long、T>
createスコープスコープ、オペランド<T>の開始、オペランド<T>の制限、オペランド<T>のデルタ)
デフォルトの出力タイプを使用して、新しいRaggedRange操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。
static <U extends Number、T extends Number> RaggedRange <U、T>
createスコープスコープ、オペランド<T>の開始、オペランド<T>の制限、オペランド<T>のデルタ、クラス<U>の分割)
新しいRaggedRange操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。
出力<T>
rtDenseValues ()
返された `RaggedTensor`の` flat_values`。
出力<U>
rtNestedSplits ()
返された `RaggedTensor`の` row_splits`。

継承されたメソッド

パブリックメソッド

public static RaggedRange <Long、T> create スコープスコープ、オペランド<T>開始、オペランド<T>制限、オペランド<T>デルタ)

デフォルトの出力タイプを使用して、新しいRaggedRange操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。

パラメーター
範囲現在のスコープ
開始各範囲の始まり。
制限各範囲の限界。
デルタ各範囲のデルタ。
戻り値
  • RaggedRangeの新しいインスタンス

public static RaggedRange <U、T> create スコープスコープ、オペランド<T>開始、オペランド<T>制限、オペランド<T>デルタ、クラス<U> Tsplits)

新しいRaggedRange操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。

パラメーター
範囲現在のスコープ
開始各範囲の始まり。
制限各範囲の限界。
デルタ各範囲のデルタ。
戻り値
  • RaggedRangeの新しいインスタンス

public Output <T> rtDenseValues ()

返された `RaggedTensor`の` flat_values`。

public Output <U> rtNestedSplits ()

返された `RaggedTensor`の` row_splits`。