警告:このAPIは非推奨であり、置き換えが安定した後 TensorFlowの将来のバージョンで削除される予定です。

このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

RaggedTensorFromVariant

パブリックファイナルクラスRaggedTensorFromVariant

`variant`テンソルを` RaggedTensor`にデコードします。

指定された `variant` Tensorをデコードし、` RaggedTensor`を返します。入力はスカラーである可能性があります。つまり、単一の `RaggedTensor`をragged_rank`output_ragged_rank`でエンコードします。任意のランクを持つこともできます。その場合、各要素はragged_rank`input_ragged_rank`で `RaggedTensor`にデコードされ、入力形状に従ってスタックされて、ragged_rank`output_ragged_rank`で単一の` RaggedTensor`が出力されます。入力テンソルの各 `variant`要素は、デコードされた` RaggedTensor`の分割と値に対応する `input_ragged_rank + 1`テンソルを持つ1-D`variant`テンソルを要素から取得することによってデコードされます。 `input_ragged_rank`が-1の場合、` output_ragged_rank`-`rank(encoded_ragged) `として推測されます。対応するエンコーディングロジックについては、 `RaggedTensorToVariant`を参照してください。

パブリックメソッド

static <T> RaggedTensorFromVariant <Long、T>
createスコープスコープ、オペランド<?> encodingRagged、Long inputRaggedRank、Long outputRaggedRank、Class <T> Tvalues)
デフォルトの出力タイプを使用して、新しいRaggedTensorFromVariant操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。
static <U extends Number、T> RaggedTensorFromVariant <U、T>
createスコープスコープ、オペランド<?> encodingRagged、Long inputRaggedRank、Long outputRaggedRank、Class <T> Tvalues、Class <U> Tsplits)
新しいRaggedTensorFromVariant操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。
出力<T>
outputDenseValues ()
出力 `RaggedTensor`の値を表すテンソル。
リスト<出力<U >>
outputNestedSplits ()
出力 `RaggedTensor`の分割を表す1つ以上のテンソルのリスト。

継承されたメソッド

パブリックメソッド

public static RaggedTensorFromVariant <Long、T> create スコープスコープ、オペランド<?> encodingRagged、Long inputRaggedRank、Long outputRaggedRank、Class <T> Tvalues)

デフォルトの出力タイプを使用して、新しいRaggedTensorFromVariant操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。

パラメーター
範囲現在のスコープ
encodingRaggedエンコードされた `RaggedTensor`を含む` variant`テンソル。
inputRaggedRank入力内のエンコードされた各 `RaggedTensor`コンポーネントの不規則なランク。 -1に設定すると、これは `output_ragged_rank`-`rank(encoded_ragged)`として推測されます。
outputRaggedRank出力 `RaggedTensor`の予想される不規則なランク。以下が成り立つ必要があります: `output_ragged_rank = rank(encoded_ragged)+ input_ragged_rank`。
戻り値
  • RaggedTensorFromVariantの新しいインスタンス

public static RaggedTensorFromVariant <U、T> create スコープスコープ、オペランド<?> encodingRagged、Long inputRaggedRank、Long outputRaggedRank、Class <T> Tvalues、Class <U> Tsplits)

新しいRaggedTensorFromVariant操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。

パラメーター
範囲現在のスコープ
encodingRaggedエンコードされた `RaggedTensor`を含む` variant`テンソル。
inputRaggedRank入力内のエンコードされた各 `RaggedTensor`コンポーネントの不規則なランク。 -1に設定すると、これは `output_ragged_rank`-`rank(encoded_ragged)`として推測されます。
outputRaggedRank出力 `RaggedTensor`の予想される不規則なランク。以下が成り立つ必要があります: `output_ragged_rank = rank(encoded_ragged)+ input_ragged_rank`。
戻り値
  • RaggedTensorFromVariantの新しいインスタンス

public Output <T> outputDenseValues ()

出力 `RaggedTensor`の値を表すテンソル。

public List <出力<U >> outputNestedSplits ()

出力 `RaggedTensor`の分割を表す1つ以上のテンソルのリスト。