警告:このAPIは非推奨であり、置き換えが安定した後 TensorFlowの将来のバージョンで削除される予定です。

このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

RaggedTensorToVariant

パブリックファイナルクラスRaggedTensorToVariant

`RaggedTensor`を` variant`テンソルにエンコードします。

指定された `RaggedTensor`をエンコードし、` variant`テンソルを返します。 `batched_input`がTrueの場合、入力` RaggedTensor`は0次元に沿ってバッチ解除され、各コンポーネント `RaggedTensor`はスカラー` variant`テンソルにエンコードされ、これらは1次元の `variant`テンソルを返すようにスタックされます。 。 `batched_input`がFalseの場合、入力` RaggedTensor`はそのままエンコードされ、スカラーの `variant`Tensorが返されます。 `RaggedTensor`は、最初に` RaggedTensor`の分割と値Tensorsを含む `ragged_rank + 1`要素を持つ1-D`variant`テンソルを作成することによってエンコードされます。次に、1-D`variant`テンソルがスカラー `variant`テンソルにラップされます。対応するデコードロジックについては、 `RaggedTensorFromVariant`を参照してください。

パブリックメソッド

出力<オブジェクト>
asOutput ()
テンソルのシンボリックハンドルを返します。
static <T extends Number、U> RaggedTensorToVariant
createスコープスコープ、Iterable < Operand <T >> rtNestedSplits、 Operand <U> rtDenseValues、Boolean batchedInput)
新しいRaggedTensorToVariant操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。
出力<?>
encodingRagged ()
エンコードされた `RaggedTensor`を含む` variant`テンソル。

継承されたメソッド

パブリックメソッド

public Output <Object> asOutput ()

テンソルのシンボリックハンドルを返します。

TensorFlow操作への入力は、別のTensorFlow操作の出力です。このメソッドは、入力の計算を表すシンボリックハンドルを取得するために使用されます。

public static RaggedTensorToVariant create スコープスコープ、Iterable < Operand <T >> rtNestedSplits、 Operand <U> rtDenseValues、Boolean batchedInput)

新しいRaggedTensorToVariant操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。

パラメーター
範囲現在のスコープ
rtNestedSplits入力 `RaggedTensor`の分割を表す1つ以上のテンソルのリスト。
rtDenseValues入力 `RaggedTensor`の値を表すテンソル。
batchedInput入力がバッチ処理された `RaggedTensor`であるかどうかを示す` bool`。
戻り値
  • RaggedTensorToVariantの新しいインスタンス

public Output <?> encodingRagged ()

エンコードされた `RaggedTensor`を含む` variant`テンソル。