警告:このAPIは非推奨であり、置き換えが安定した後 TensorFlowの将来のバージョンで削除される予定です。

RaggedTensorToVariantGradient

パブリックファイナルクラスRaggedTensorToVariantGradient

`RaggedTensorToVariant`の勾配を計算するために使用されるヘルパー。

RaggedTensorToVariant opへの入力として提供された外側の行分割とdense-valuesの形状とともに、出力のバリアントエンコードされた不規則な勾配を指定して、RaggedTensorToVariantopへのdense_values入力の勾配を計算します。

パブリックメソッド

出力<U>
asOutput ()
テンソルのシンボリックハンドルを返します。
static <U、T extends Number> RaggedTensorToVariantGradient <U>
createスコープスコープ、 Operand <?> encodingRaggedGrad、 Operand <T> rowSplits、 Operand <Integer> densityValuesShape、Class <U> Tvalues)
新しいRaggedTensorToVariantGradient操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。
出力<U>
densityValuesGrad ()
RaggedTensorToVariantopのdense_valuesのグラデーション。

継承されたメソッド

パブリックメソッド

public Output <U> asOutput ()

テンソルのシンボリックハンドルを返します。

TensorFlow操作への入力は、別のTensorFlow操作の出力です。このメソッドは、入力の計算を表すシンボリックハンドルを取得するために使用されます。

public static RaggedTensorToVariantGradient <U> create スコープスコープ、 Operand <?> encodingRaggedGrad、 Operand <T> rowSplits、 Operand <Integer> densityValuesShape、Class <U> Tvalues)

新しいRaggedTensorToVariantGradient操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。

パラメーター
範囲現在のスコープ
encodingRaggedGradエンコードされた `RaggedTensor`勾配を含む` variant`テンソル。
rowSplits RaggedTensorToVariantopへの入力として使用された最も外側の行分割。
densityValuesShape RaggedTensorToVariantopへの入力として使用されたdense_valuesの形状。
戻り値
  • RaggedTensorToVariantGradientの新しいインスタンス

パブリック出力<U> denseValuesGrad ()

RaggedTensorToVariantopのdense_valuesのグラデーション。