警告:このAPIは非推奨であり、置き換えが安定した後 TensorFlowの将来のバージョンで削除される予定です。

このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

RecvTPUEmbeddingActivations

パブリックファイナルクラスRecvTPUEmbeddingActivations

TPUに埋め込みアクティベーションを受信する操作。

TPUシステムは、TPUEmbeddingEnqueue(Integer / Sparse / SparseTensor)Batchへの引数で指定された埋め込みルックアップと集計を実行します。これらの集計の結果は、RecvTPUEmbeddingActivations操作の出力としてTensorflowグラフに表示されます。この操作は、モデルで指定されたテーブルごとに1つのアクティベーションのテンソルを含むリストを返します。 TPUグラフには最大で1つのRecvTPUEmbeddingActivations操作があります。

パブリックメソッド

静的RecvTPUEmbeddingActivations
createスコープスコープ、Long numOutputs、String config)
新しいRecvTPUEmbeddingActivations操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。
イテレータ<オペランド<フロート>>
リスト<出力<フロート>>
出力()
モデル内の埋め込みテーブルごとに1つのTensorを含む埋め込みアクティベーションのTensorList。

継承されたメソッド

パブリックメソッド

public static RecvTPUEmbeddingActivations create スコープスコープ、Long numOutputs、String config)

新しいRecvTPUEmbeddingActivations操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。

パラメーター
範囲現在のスコープ
numOutputsモデル内の埋め込みテーブルの数に等しい出力アクティベーションテンソルの数。
設定シリアル化されたTPUEmbeddingConfigurationプロト。
戻り値
  • RecvTPUEmbeddingActivationsの新しいインスタンス

public Iterator < Operand <Float >> iterator ()

public List < Output <Float >> output ()

モデル内の埋め込みテーブルごとに1つのTensorを含む埋め込みアクティベーションのTensorList。