警告:このAPIは非推奨であり、置き換えが安定した後 TensorFlowの将来のバージョンで削除される予定です。

ReduceMax

パブリックファイナルクラスReduceMax

テンソルの次元全体で要素の最大値を計算します。

`axis`で指定された寸法に沿って` input`を減らします。 `keep_dims`が真でない限り、テンソルのランクは` axis`のエントリごとに1ずつ減ります。 `keep_dims`がtrueの場合、縮小された次元は長さ1で保持されます。

ネストされたクラス

クラスReduceMax.Options ReduceMaxオプションの属性

パブリックメソッド

出力<T>
asOutput ()
テンソルのシンボリックハンドルを返します。
static <T、U extends Number> ReduceMax <T>
createスコープスコープ、オペランド<T>入力、オペランド<U>軸、オプション...オプション)
新しいReduceMax操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。
静的ReduceMax.Options
keepDims (ブール値keepDims)
出力<T>
出力()
減少したテンソル。

継承されたメソッド

パブリックメソッド

public Output <T> asOutput ()

テンソルのシンボリックハンドルを返します。

TensorFlow操作への入力は、別のTensorFlow操作の出力です。このメソッドは、入力の計算を表すシンボリックハンドルを取得するために使用されます。

public static ReduceMax <T> create スコープスコープ、オペランド<T>入力、オペランド<U>軸、オプション...オプション)

新しいReduceMax操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。

パラメーター
範囲現在のスコープ
入力減らすテンソル。
縮小する寸法。 `[-rank(input)、rank(input))`の範囲内である必要があります。
オプションオプションの属性値を運ぶ
戻り値
  • ReduceMaxの新しいインスタンス

public static ReduceMax.Options keepDims (ブール値keepDims)

パラメーター
keepDims trueの場合、長さ1の縮小寸法を保持します。

public Output <T> output ()

減少したテンソル。