警告:このAPIは非推奨であり、置き換えが安定した後 TensorFlowの将来のバージョンで削除される予定です。

このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

RequantizationRangePerChannel

パブリック最終クラスRequantizationRangePerChannel

チャネルごとの再量子化範囲を計算します。

パブリックメソッド

static <T> RequantizationRangePerChannel
createスコープスコープ、 Operand <T>入力、 Operand <Float> inputMin、 Operand <Float> inputMax、Float clipValueMax)
新しいRequantizationRangePerChannel操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。
出力<フロート>
outputMax ()
最終出力テンソルの最大値。
出力<フロート>
outputMin ()
最終出力テンソルの最小値

継承されたメソッド

パブリックメソッド

public static RequantizationRangePerChannel create スコープスコープ、オペランド<T>入力、オペランド<Float> inputMin、オペランド<Float> inputMax、Float clipValueMax)

新しいRequantizationRangePerChannel操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。

パラメーター
範囲現在のスコープ
入力元の入力テンソル。
inputMin入力テンソルの最小値
inputMax入力テンソルの最大値。
clipValueMaxクリップする必要がある出力の最大値。例:Relu6の場合はこれを6に設定します。
戻り値
  • RequantizationRangePerChannelの新しいインスタンス

public Output <Float> outputMax ()

最終出力テンソルの最大値。

public Output <Float> outputMin ()

最終出力テンソルの最小値