警告:このAPIは非推奨であり、置き換えが安定した後 TensorFlowの将来のバージョンで削除される予定です。

ResourceAccumulatorTakeGradient

パブリックファイナルクラスResourceAccumulatorTakeGradient

指定されたConditionalAccumulatorの平均勾配を抽出します。

opは、十分な(つまり、num_requiredを超える)勾配が蓄積されるまでブロックします。アキュムレータがすでにnum_requiredを超える勾配を集計している場合は、累積された勾配の平均を返します。また、アキュムレータに記録されたglobal_stepを自動的に1インクリメントし、集計を0にリセットします。

パブリックメソッド

出力<T>
asOutput ()
テンソルのシンボリックハンドルを返します。
出力<T>
平均()
累積された勾配の平均。
static <T> ResourceAccumulatorTakeGradient <T>
createスコープスコープ、オペランド<?>ハンドル、オペランド<整数> numRequired、クラス<T> dtype)
新しいResourceAccumulatorTakeGradient操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。

継承されたメソッド

パブリックメソッド

public Output <T> asOutput ()

テンソルのシンボリックハンドルを返します。

TensorFlow操作への入力は、別のTensorFlow操作の出力です。このメソッドは、入力の計算を表すシンボリックハンドルを取得するために使用されます。

パブリック出力<T>平均()

累積された勾配の平均。

public static ResourceAccumulatorTakeGradient <T> create スコープスコープ、オペランド<?>ハンドル、オペランド<整数> numRequired、クラス<T> dtype)

新しいResourceAccumulatorTakeGradient操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。

パラメーター
範囲現在のスコープ
扱うアキュムレータへのハンドル。
numRequired集計を返す前に必要なグラデーションの数。
dtype累積勾配のデータ型。アキュムレータのタイプに対応する必要があります。
戻り値
  • ResourceAccumulatorTakeGradientの新しいインスタンス