警告:このAPIは非推奨であり、置き換えが安定した後 TensorFlowの将来のバージョンで削除される予定です。

このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

ResourceScatterAdd

パブリック最終クラスResourceScatterAdd

`resource`によって参照される変数にスパース更新を追加します。

この操作は計算します

#スカラーインデックスref [indices、...] + =更新[...]

#ベクトルインデックス(各i)ref [indices [i]、...] + = update [i、...]

#上位インデックス(i、...、jごと)ref [indices [i、...、j]、...] + = update [i、...、j、...]

重複するエントリは正しく処理されます。複数の「インデックス」が同じ場所を参照している場合、それらの寄与が追加されます。

`updates.shape = indexs.shape + ref.shape [1:]`または `updates.shape = []`が必要です。

パブリックメソッド

static <T extends Number、U> ResourceScatterAdd
createスコープスコープ、オペランド<?>リソース、オペランド<T>インデックス、オペランド<U>更新)
新しいResourceScatterAdd操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。

継承されたメソッド

パブリックメソッド

public static ResourceScatterAdd create スコープスコープ、オペランド<?>リソース、オペランド<T>インデックス、オペランド<U>更新)

新しいResourceScatterAdd操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。

パラメーター
範囲現在のスコープ
資源`Variable`ノードからのものである必要があります。
インデックス`ref`の最初の次元へのインデックスのテンソル。
更新`ref`に追加する更新された値のテンソル。
戻り値
  • ResourceScatterAddの新しいインスタンス