警告:このAPIは非推奨であり、置き換えが安定した後 TensorFlowの将来のバージョンで削除される予定です。

このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

ResourceScatterNdSub

パブリック最終クラスResourceScatterNdSub

変数内の個々の値またはスライスにスパース減算を適用します。

`ref`はランク` P`の `Tensor`であり、` indexes`はランク `Q`の` Tensor`です。

`indexes`は、` ref`へのインデックスを含む整数テンソルでなければなりません。形状は `[d_0、...、d_ {Q-2}、K]`でなければなりません。ここで、 `0 <K <= P`です。

`インデックス`の最も内側の次元(長さ `K`)は、` ref`の `K`番目の次元に沿った要素(` K = P`の場合)またはスライス( `K <P`の場合)へのインデックスに対応します。

`updates`は、形状が

[d_0, ..., d_{Q-2, ref.shape[K], ..., ref.shape[P-1]]
 }
のランク` Q-1 + PK`の `Tensor`です。たとえば、8つの要素を持つランク1のテンソルから4つの散乱要素を減算するとします。 Pythonでは、その減算は次のようになります。
ref = tf.Variable([1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8], use_resource=True)
 indices = tf.constant([[4], [3], [1], [7]])
 updates = tf.constant([9, 10, 11, 12])
 sub = tf.scatter_nd_sub(ref, indices, updates)
 with tf.Session() as sess:
   print sess.run(sub)
 
結果として得られるrefの更新は次のようになります。

[1、-9、3、-6、-4、6、7、-4]

スライスを更新する方法の詳細については、 `tf.scatter_nd`を参照してください。

ネストされたクラス

クラスResourceScatterNdSub.OptionsResourceScatterNdSubオプションの属性

パブリックメソッド

static <T extends Number、U> ResourceScatterNdSub
createスコープスコープ、オペランド<?>参照、オペランド<T>インデックス、オペランド<U>更新、オプション...オプション)
新しいResourceScatterNdSub操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。
静的ResourceScatterNdSub.Options
useLocking (ブール値useLocking)

継承されたメソッド

パブリックメソッド

public static ResourceScatterNdSub create スコープスコープ、 Operand <?> ref、 Operand <T>インデックス、 Operand <U>更新、オプション...オプション)

新しいResourceScatterNdSub操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。

パラメーター
範囲現在のスコープ
refリソースハンドル。 VarHandleOpからのものである必要があります。
インデックステンソル。次のいずれかのタイプである必要があります:int32、int64。参照へのインデックスのテンソル。
更新テンソル。 refと同じタイプである必要があります。 refに追加する値のテンソル。
オプションオプションの属性値を運ぶ
戻り値
  • ResourceScatterNdSubの新しいインスタンス

public static ResourceScatterNdSub.Options useLocking (ブール値useLocking)

パラメーター
useLockingオプションのbool。デフォルトはTrueです。 Trueの場合、割り当てはロックによって保護されます。それ以外の場合、動作は定義されていませんが、競合が少なくなる可能性があります。