警告:このAPIは非推奨であり、置き換えが安定した後 TensorFlowの将来のバージョンで削除される予定です。

このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

ResourceStridedSliceAssign

パブリック最終クラスResourceStridedSliceAssign

`ref`のスライスされたl値参照に` value`を割り当てます。

`value`の値は、スライスパラメータによって選択された変数` ref`の位置に割り当てられます。スライスパラメータ `begin、` end`、 `strides`などは、` StridedSlice`とまったく同じように機能します。

注この操作は現在ブロードキャストをサポートしていないため、 `value`の形状は、` ref`のスライスによって生成された形状である必要があります。

ネストされたクラス

クラスResourceStridedSliceAssign.Options ResourceStridedSliceAssignオプションの属性

パブリックメソッド

静的ResourceStridedSliceAssign.Options
beginMask (長いbeginMask)
static <T extends Number、U> ResourceStridedSliceAssign
createスコープスコープ、オペランド<?> ref、オペランド<T>開始、オペランド<T>終了、オペランド<T>ストライド、オペランド<U>値、オプション...オプション)
新しいResourceStridedSliceAssign操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。
静的ResourceStridedSliceAssign.Options
ellipsisMask (長いellipsisMask)
静的ResourceStridedSliceAssign.Options
endMask (ロングエンドマスク)
静的ResourceStridedSliceAssign.Options
newAxisMask (長いnewAxisMask)
静的ResourceStridedSliceAssign.Options
シュリンクアクシスマスク(ロングシュリンクアクシスマスク)

継承されたメソッド

パブリックメソッド

public static ResourceStridedSliceAssign.Options beginMask (Long beginMask)

public static ResourceStridedSliceAssign create スコープスコープ、オペランド<?> ref、オペランド<T>開始、オペランド<T>終了、オペランド<T>ストライド、オペランド<U>値、オプション...オプション)

新しいResourceStridedSliceAssign操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。

パラメーター
範囲現在のスコープ
オプションオプションの属性値を運ぶ
戻り値
  • ResourceStridedSliceAssignの新しいインスタンス

public static ResourceStridedSliceAssign.Options ellipsisMask (Long ellipsisMask)

public static ResourceStridedSliceAssign.Options endMask (Long endMask)

public static ResourceStridedSliceAssign.Options newAxisMask (Long newAxisMask)

パブリック静的ResourceStridedSliceAssign.Options shrinkAxisMask(ロングshrinkAxisMask)