警告:このAPIは非推奨であり、置き換えが安定した後 TensorFlowの将来のバージョンで削除される予定です。

Reverse

パブリックファイナルクラスリバース

テンソルの特定の寸法を反転します。

注 `tf.reverse`は、1.0に備えて動作を変更しました。 `tf.reverse_v2`は現在、TF1.0より前に非推奨となるエイリアスです。

`tensor`と、反転する` tensor`の次元のセットを表す `int32`テンソル` axis`が与えられます。この操作は、 `j` st` axis [j] == i`が存在する各次元` i`を逆にします。

`tensor`は最大8つの次元を持つことができます。 `axis`で指定される次元の数は0以上のエントリである可能性があります。インデックスが複数回指定されている場合、InvalidArgumentエラーが発生します。

例:

# tensor 't' is [[[[ 0,  1,  2,  3],
 #                  [ 4,  5,  6,  7],
 #                  [ 8,  9, 10, 11]],
 #                 [[12, 13, 14, 15],
 #                  [16, 17, 18, 19],
 #                  [20, 21, 22, 23]]]]
 # tensor 't' shape is [1, 2, 3, 4]
 
 # 'dims' is [3] or 'dims' is [-1]
 reverse(t, dims) ==> [[[[ 3,  2,  1,  0],
                         [ 7,  6,  5,  4],
                         [ 11, 10, 9, 8]],
                        [[15, 14, 13, 12],
                         [19, 18, 17, 16],
                         [23, 22, 21, 20]]]]
 
 # 'dims' is '[1]' (or 'dims' is '[-3]')
 reverse(t, dims) ==> [[[[12, 13, 14, 15],
                         [16, 17, 18, 19],
                         [20, 21, 22, 23]
                        [[ 0,  1,  2,  3],
                         [ 4,  5,  6,  7],
                         [ 8,  9, 10, 11]]]]
 
 # 'dims' is '[2]' (or 'dims' is '[-2]')
 reverse(t, dims) ==> [[[[8, 9, 10, 11],
                         [4, 5, 6, 7],
                         [0, 1, 2, 3]]
                        [[20, 21, 22, 23],
                         [16, 17, 18, 19],
                         [12, 13, 14, 15]]]]
 

パブリックメソッド

出力<T>
asOutput ()
テンソルのシンボリックハンドルを返します。
static <T、U extends Number> Reverse <T>
createスコープスコープ、オペランド<T>テンソル、オペランド<U>軸)
新しいReverse操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。
出力<T>
出力()
`テンソル`と同じ形。

継承されたメソッド

パブリックメソッド

public Output <T> asOutput ()

テンソルのシンボリックハンドルを返します。

TensorFlow操作への入力は、別のTensorFlow操作の出力です。このメソッドは、入力の計算を表すシンボリックハンドルを取得するために使用されます。

public static Reverse <T> create スコープスコープ、オペランド<T>テンソル、オペランド<U>軸)

新しいReverse操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。

パラメーター
範囲現在のスコープ
テンソル最大8-D。
1-D。反転する次元のインデックス。 `[-rank(tensor)、rank(tensor))`の範囲内である必要があります。
戻り値
  • リバースの新しいインスタンス

public Output <T> output ()

`テンソル`と同じ形。