警告:このAPIは非推奨であり、置き換えが安定した後 TensorFlowの将来のバージョンで削除される予定です。

このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

RngReadAndSkip

パブリックファイナルクラスRngReadAndSkip

カウンターベースのRNGのカウンターを進めます。

`rng_read_and_skip(n)`の後のRNGの状態は、 `uniform([n])`(または他の分布)の後の状態と同じになります。カウンターに追加される実際の増分は、不特定の実装の選択です。

パブリックメソッド

出力<ロング>
asOutput ()
テンソルのシンボリックハンドルを返します。
静的RngReadAndSkip
createスコープスコープ、オペランド<?>リソース、オペランド<整数> alg、オペランド<?>デルタ)
新しいRngReadAndSkip操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。
出力<ロング>
()
インクリメントする前のリソース変数の古い値。

継承されたメソッド

パブリックメソッド

public Output <Long> asOutput ()

テンソルのシンボリックハンドルを返します。

TensorFlow操作への入力は、別のTensorFlow操作の出力です。このメソッドは、入力の計算を表すシンボリックハンドルを取得するために使用されます。

public static RngReadAndSkip create スコープスコープ、オペランド<?>リソース、オペランド<整数> alg、オペランド<?>デルタ)

新しいRngReadAndSkip操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。

パラメーター
範囲現在のスコープ
資源RNGの状態を格納するリソース変数のハンドル。
alg RNGアルゴリズム。
デルタ進歩の量。
戻り値
  • RngReadAndSkipの新しいインスタンス

public Output <Long> value ()

インクリメントする前のリソース変数の古い値。状態サイズはアルゴリズムに依存するため、この出力にはゼロが右に埋め込まれ、形状int64 [3](アルゴリズム間の現在の最大状態サイズ)に到達します。