警告:このAPIは非推奨であり、置き換えが安定した後 TensorFlowの将来のバージョンで削除される予定です。

このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

SendTPUEmbeddingGradients

パブリックファイナルクラスSendTPUEmbeddingGradients

埋め込みテーブルの勾配更新を実行します。

パブリックメソッド

静的SendTPUEmbeddingGradients
createスコープスコープ、Iterable <オペランド<Float >>入力、Iterable <オペランド<Float >> LearningRates、文字列構成)
新しいSendTPUEmbeddingGradients操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。

継承されたメソッド

パブリックメソッド

public static SendTPUEmbeddingGradients create スコープスコープ、Iterable <オペランド<Float >>入力、Iterable <オペランド<Float >> LearningRates、文字列構成)

新しいSendTPUEmbeddingGradients操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。

パラメーター
範囲現在のスコープ
入力埋め込みテーブルを更新するためのグラデーションのTensorList。この引数の長さと形状はRecvTPUEmbeddingActivationsの戻り値と同じですが、埋め込みアクティベーションに関するモデルの損失の勾配が含まれています。埋め込みテーブルは、tpu.initialize_systemに指定されたTPU埋め込み構成で指定されたオプティマイザーを介してこれらのグラデーションから更新されます。
LearningRates動的学習レートタグごとに1つずつ、float32スカラーのTensorList://third_party/tensorflow/core/protobuf/tpu/optimization_parameters.protoのコメントを参照してください。複数のテーブルが、構成で指定されたものと同じ動的学習率タグを共有できます。すべてのテーブルの学習率が一定の場合、このリストは空である必要があります。
設定シリアル化されたTPUEmbeddingConfigurationプロト。
戻り値
  • SendTPUEmbeddingGradientsの新しいインスタンス