警告:このAPIは非推奨であり、置き換えが安定した後 TensorFlowの将来のバージョンで削除される予定です。

このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

SetDiff1d

パブリックファイナルクラスSetDiff1d

数値または文字列の2つのリスト間の差を計算します。

リスト `x`とリスト` y`を指定すると、この操作は、 `x`にはあるが` y`にはないすべての値を表すリスト `out`を返します。返されるリスト `out`は、番号が` x`に表示されるのと同じ順序でソートされます(重複は保持されます)。この操作は、 `x`内の各` out`要素の位置を表すリスト `idx`も返します。言い換えると:

`out [i] = x [idx [i]] for i in [0、1、...、len(out)-1]`

たとえば、次の入力が与えられた場合:

x = [1, 2, 3, 4, 5, 6]
 y = [1, 3, 5]
 
この操作は次を返します:
out ==> [2, 4, 6]
 idx ==> [1, 3, 5]
 

パブリックメソッド

static <T、U extends Number> SetDiff1d <T、U>
createスコープスコープ、オペランド<T> x、オペランド<T> y、クラス<U> outIdx)
新しいSetDiff1d操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。
static <T> SetDiff1d <T、整数>
createスコープスコープ、オペランド<T> x、オペランド<T> y)
デフォルトの出力タイプを使用して、新しいSetDiff1d操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。
出力<U>
idx ()
1-D。
出力<T>
アウト()
1-D。

継承されたメソッド

パブリックメソッド

public static SetDiff1d <T、U> create スコープスコープ、オペランド<T> x、オペランド<T> y、クラス<U> outIdx)

新しいSetDiff1d操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。

パラメーター
範囲現在のスコープ
バツ1-D。保持する値。
y 1-D。削除する値。
戻り値
  • SetDiff1dの新しいインスタンス

public static SetDiff1d <T、Integer> create スコープスコープ、オペランド<T> x、オペランド<T> y)

デフォルトの出力タイプを使用して、新しいSetDiff1d操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。

パラメーター
範囲現在のスコープ
バツ1-D。保持する値。
y 1-D。削除する値。
戻り値
  • SetDiff1dの新しいインスタンス

public Output <U> idx ()

1-D。 `out`に保存されている` x`値の位置。

public Output <T> out ()

1-D。値は `x`には存在しますが、` y`には存在しません。