警告:このAPIは非推奨であり、置き換えが安定した後 TensorFlowの将来のバージョンで削除される予定です。

このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

スキップグラム

パブリックファイナルクラススキップグラム

テキストファイルを解析し、例のバッチを作成します。

ネストされたクラス

クラスSkipgram.Options Skipgramオプションの属性

パブリックメソッド

静的スキップグラム
createスコープスコープ、文字列ファイル名、ロングバッチサイズ、オプション...オプション)
新しいSkipgram操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。
出力<整数>
currentEpoch ()
現在のエポック番号。
出力<整数>
()
単語IDのベクトル。
出力<整数>
ラベル()
単語IDのベクトル。
静的Skipgram.Options
minCount (Long minCount)
静的Skipgram.Options
サブサンプル(フロートサブサンプル)
出力<ロング>
totalWordsProcessed ()
これまでに処理された単語の総数。
出力<整数>
vocabFreq ()
単語の頻度。
出力<文字列>
vocabWord ()
コーパス内の単語のベクトル。
静的Skipgram.Options
windowSize (Long windowSize)
出力<ロング>
wordsPerEpoch ()
データファイル内のエポックあたりの単語数。

継承されたメソッド

パブリックメソッド

public static Skipgram create スコープスコープ、文字列ファイル名、ロングバッチサイズ、オプション...オプション)

新しいSkipgram操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。

パラメーター
範囲現在のスコープ
ファイル名コーパスのテキストファイル名。
バッチサイズ生産されたバッチのサイズ。
オプションオプションの属性値を運ぶ
戻り値
  • Skipgramの新しいインスタンス

public Output <Integer> currentEpoch ()

現在のエポック番号。

public Output <Integer>の()

単語IDのベクトル。

public Output <Integer>ラベル()

単語IDのベクトル。

public static Skipgram.Options minCount (Long minCount)

パラメーター
minCount語彙に含まれる単語の最小出現数。

public static Skipgram.Optionsサブサンプル(Floatサブサンプル)

パラメーター
サブサンプル単語出現のしきい値。より高い頻度で出現する単語は、ランダムにダウンサンプリングされます。無効にするには0に設定します。

public Output <Long> totalWordsProcessed ()

これまでに処理された単語の総数。

public Output <整数> vocabFreq ()

単語の頻度。昇順ではない順に並べ替えました。

public Output <String> vocabWord ()

コーパス内の単語のベクトル。

public static Skipgram.Options windowSize (Long windowSize)

パラメーター
windowSizeターゲットの左右に予測する単語の数。

public Output <Long> wordsPerEpoch ()

データファイル内のエポックあたりの単語数。