警告:このAPIは非推奨であり、置き換えが安定した後 TensorFlowの将来のバージョンで削除される予定です。

このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

StatelessRandomGetKeyCounterAlg

パブリックファイナルクラスStatelessRandomGetKeyCounterAlg

デバイスに基づいて最適なアルゴリズムを選択し、シードをキーとカウンターにスクランブルします。

この操作では、デバイスに基づいて最適なカウンターベースのRNGアルゴリズムを選択し、形状[2]シードをキーとカウンターにスクランブルします。どちらもカウンターベースのアルゴリズムに必要です。スクランブリングは不透明ですが、シードが異なればキーとカウンターのペアも異なります(これにより、乱数も異なります)という特性をほぼ満たします。

パブリックメソッド

出力<整数>
alg ()
RNGアルゴリズム(形状int32 [])。
出力<?>
カウンター()
カウンターベースのRNGアルゴリズムのカウンター。
static <T extends Number> StatelessRandomGetKeyCounterAlg
createスコープスコープ、オペランド<T>シード)
新しいStatelessRandomGetKeyCounterAlg操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。
出力<?>
キー()
カウンターベースのRNGアルゴリズムのキー(形状uint64 [1])。

継承されたメソッド

パブリックメソッド

public Output <Integer> alg ()

RNGアルゴリズム(形状int32 [])。

パブリック出力<?>カウンター()

カウンターベースのRNGアルゴリズムのカウンター。カウンターサイズはアルゴリズムに依存するため、この出力にはゼロが右に埋め込まれ、形状uint64 [2](アルゴリズム間の現在の最大カウンターサイズ)に到達します。

public static StatelessRandomGetKeyCounterAlg create スコープスコープ、オペランド<T>シード)

新しいStatelessRandomGetKeyCounterAlg操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。

パラメーター
範囲現在のスコープ
シード2つのシード(形状[2])。
戻り値
  • StatelessRandomGetKeyCounterAlgの新しいインスタンス

パブリック出力<?>キー()

カウンターベースのRNGアルゴリズムのキー(形状uint64 [1])。