警告:このAPIは非推奨であり、置き換えが安定した後 TensorFlowの将来のバージョンで削除される予定です。

このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

StatelessTruncatedNormalV2

パブリックファイナルクラスStatelessTruncatedNormalV2

切断正規分布から決定論的疑似乱数値を出力します。

生成された値は、平均から2標準偏差を超える大きさの値が削除されて再選択されることを除いて、平均0と標準偏差1の正規分布に従います。

出力は、 `shape`、` key`、 `counter`、および` alg`の決定論的関数です。

パブリックメソッド

出力<U>
asOutput ()
テンソルのシンボリックハンドルを返します。
static <Uは数値を拡張し、Tは数値を拡張します> StatelessTruncatedNormalV2 <U>
createスコープスコープ、オペランド<T>シェイプ、オペランド<?>キー、オペランド<?>カウンター、オペランド<整数> alg、クラス<U> dtype)
新しいStatelessTruncatedNormalV2操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。
static <T extends Number> StatelessTruncatedNormalV2 <Float>
createスコープスコープ、オペランド<T>シェイプ、オペランド<?>キー、オペランド<?>カウンター、オペランド<整数> alg)
デフォルトの出力タイプを使用して、新しいStatelessTruncatedNormalV2操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。
出力<U>
出力()
指定された形状のランダム値。

継承されたメソッド

パブリックメソッド

public Output <U> asOutput ()

テンソルのシンボリックハンドルを返します。

TensorFlow操作への入力は、別のTensorFlow操作の出力です。このメソッドは、入力の計算を表すシンボリックハンドルを取得するために使用されます。

public static StatelessTruncatedNormalV2 <U> create スコープスコープ、オペランド<T>シェイプ、オペランド<?>キー、オペランド<?>カウンター、オペランド<整数> alg、クラス<U> dtype)

新しいStatelessTruncatedNormalV2操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。

パラメーター
範囲現在のスコープ
形状出力テンソルの形状。
キーカウンターベースのRNGアルゴリズムのキー(形状uint64 [1])。
カウンターカウンターベースのRNGアルゴリズムの初期カウンター(アルゴリズムに応じてuint64 [2]またはuint64 [1]の形状)。より大きなベクトルが与えられた場合、左側の必要な部分(つまり、[:N])のみが使用されます。
alg RNGアルゴリズム(形状int32 [])。
dtype出力のタイプ。
戻り値
  • StatelessTruncatedNormalV2の新しいインスタンス

public static StatelessTruncatedNormalV2 <Float> create スコープスコープ、オペランド<T>シェイプ、オペランド<?>キー、オペランド<?>カウンター、オペランド<整数> alg)

デフォルトの出力タイプを使用して、新しいStatelessTruncatedNormalV2操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。

パラメーター
範囲現在のスコープ
形状出力テンソルの形状。
キーカウンターベースのRNGアルゴリズムのキー(形状uint64 [1])。
カウンターカウンターベースのRNGアルゴリズムの初期カウンター(アルゴリズムに応じてuint64 [2]またはuint64 [1]の形状)。より大きなベクトルが与えられた場合、左側の必要な部分(つまり、[:N])のみが使用されます。
alg RNGアルゴリズム(形状int32 [])。
戻り値
  • StatelessTruncatedNormalV2の新しいインスタンス

public Output <U> output ()

指定された形状のランダム値。