警告:このAPIは非推奨であり、置き換えが安定した後 TensorFlowの将来のバージョンで削除される予定です。

このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

TPUEmbeddingActivations

パブリックファイナルクラスTPUEmbeddingActivations

TPU埋め込みの差別化を可能にする操作。

この操作は、最初の入力を返すだけです。これは、TPUEmbeddingDequeueActivationsによって返されたテンソルからスライスされたと見なされます。このopの存在、およびその最初の引数はトレーニング可能な変数であるため、TPU埋め込みPythonライブラリを介して埋め込みを含むグラフを自動的に区別できます。

パブリックメソッド

出力<フロート>
asOutput ()
テンソルのシンボリックハンドルを返します。
静的TPUEmbeddingActivations
createスコープスコープ、 Operand <Float> embeddingVariable、 Operand <Float> licedActivations、Long tableId、Long lookupId)
新しいTPUEmbeddingActivations操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。
出力<フロート>
出力()

継承されたメソッド

パブリックメソッド

public Output <Float> asOutput ()

テンソルのシンボリックハンドルを返します。

TensorFlow操作への入力は、別のTensorFlow操作の出力です。このメソッドは、入力の計算を表すシンボリックハンドルを取得するために使用されます。

public static TPUEmbeddingActivations create スコープスコープ、オペランド<フロート> embeddingVariable、オペランド<フロート>スライスされたアクティビティ、長いtableId、長いlookupId)

新しいTPUEmbeddingActivations操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。

パラメーター
範囲現在のスコープ
embeddingVariableトレーニング可能な変数。オプティマイザーがこの操作を見つけることができます。
スライスされたアクティベーション埋め込みアクティベーションTensorが戻ります。
tableIdこれらのアクティベーションが計算された埋め込みレイヤー構成のテーブルのID。
lookupIdこれらのアクティベーションを生成した埋め込みインデックスのセットの識別子。
戻り値
  • TPUEmbeddingActivationsの新しいインスタンス

public Output <Float> output ()