警告:このAPIは非推奨であり、置き換えが安定した後 TensorFlowの将来のバージョンで削除される予定です。

このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

TPUPartitionedOutput

パブリックファイナルクラスTPUPartitionedOutput

XLAによってシャーディングされるテンソルをパーティション化されたリストに逆多重化する演算

XLA計算の外部に出力します。

ネストされたクラス

クラスTPUPartitionedOutput.OptionsTPUPartitionedOutputオプションの属性

パブリックメソッド

static <T> TPUPartitionedOutput <T>
createスコープスコープ、オペランド<T>入力、Long numSplits、オプション...オプション)
新しいTPUPartitionedOutput操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。
イテレータ<オペランド<T >>
リスト<出力<T >>
出力()
同じ形状でなければならないパーティション化された入力のリスト。
静的TPUPartitionedOutput.Options
partitionDim (長いpartitionDim)

継承されたメソッド

パブリックメソッド

public static TPUPartitionedOutput <T> create スコープスコープ、 Operand <T>入力、Long numSplits、オプション...オプション)

新しいTPUPartitionedOutput操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。

パラメーター
範囲現在のスコープ
入力仕切られたテンサーの完全な形状を表すテンソル。
オプションオプションの属性値を運ぶ
戻り値
  • TPUPartitionedOutputの新しいインスタンス

public Iterator < Operand <T >> iterator ()

パブリックリスト<出力<T >>出力()

同じ形状でなければならないパーティション化された入力のリスト。

public static TPUPartitionedOutput.Options partitionDim (Long partitionDim)

パラメーター
partitionDimどの次元が分割されているかを表す整数。