警告:このAPIは非推奨であり、置き換えが安定した後 TensorFlowの将来のバージョンで削除される予定です。

このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

TPUReplicatedOutput

パブリックファイナルクラスTPUReplicatedOutput

N方向に複製されたTPU計算からのN個の出力を接続します。

この操作は、 `tpu.replicate()`計算サブグラフからの複製された出力を保持します。複製された各出力は、入力と同じ形状とタイプを持っています。

次に例を示します。

%computation = "tf.Computation"()
 %replicated_output:2 = "tf.TPUReplicatedOutput"(%computation)
 
上記の計算には、2つのレプリカの複製出力があります。

パブリックメソッド

static <T> TPUReplicatedOutput <T>
createスコープスコープ、オペランド<T>入力、Long numReplicas)
新しいTPUReplicatedOutput操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。
イテレータ<オペランド<T >>
リスト<出力<T >>
出力()

継承されたメソッド

パブリックメソッド

public static TPUReplicatedOutput <T> create スコープスコープ、オペランド<T>入力、Long numReplicas)

新しいTPUReplicatedOutput操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。

パラメーター
範囲現在のスコープ
戻り値
  • TPUReplicatedOutputの新しいインスタンス

public Iterator < Operand <T >> iterator ()

public List <出力<T >>出力()