警告:このAPIは非推奨であり、置き換えが安定した後 TensorFlowの将来のバージョンで削除される予定です。

このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

TensorArrayGradWithShape

パブリックファイナルクラスTensorArrayGradWithShape

指定されたハンドルに値の複数のグラデーションを格納するためのTensorArrayを作成します。

TensorArrayGradV3に似ています。ただし、勾配が計算されている入力TensorArrayと比較して、拡張された形状のアキュムレータが作成されます。これにより、同じアキュムレータを使用して、同じTensorArrayの複数の勾配を計算できます。

パブリックメソッド

静的TensorArrayGradWithShape
createスコープスコープ、 Operand <?>ハンドル、 Operand <Float> flowIn、 Operand <Integer> shapeToPrepend、String source)
新しいTensorArrayGradWithShape操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。
出力<フロート>
flowOut ()
出力<?>
gradHandle ()

継承されたメソッド

パブリックメソッド

public static TensorArrayGradWithShape create スコープスコープ、オペランド<?>ハンドル、オペランド<フロート>フローイン、オペランド<整数> shapeToPrepend、文字列ソース)

新しいTensorArrayGradWithShape操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。

パラメーター
範囲現在のスコープ
扱うフォワードTensorArrayへのハンドル。
流れ込みます操作の適切な連鎖を強制するfloatスカラー。
shapeToPrepend形状を表すint32ベクトル。グラデーションアキュムレータの要素は、入力ハンドルに対応するTensorArrayの要素の形状と連結されたこのshape_to_prepend値である形状を持ちます。
ソース返すグラデーションTensorArrayを決定するために使用されるグラデーションソース文字列。
戻り値
  • TensorArrayGradWithShapeの新しいインスタンス

public Output <Float> flowOut ()

public Output <?> gradHandle ()