警告:このAPIは非推奨であり、置き換えが安定した後 TensorFlowの将来のバージョンで削除される予定です。

このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

TensorListConcatV2

パブリックファイナルクラスTensorListConcatV2

リスト内のすべてのテンソルを0次元に沿って連結します。

最初の次元を除いて、すべてのテンソルが同じ形状である必要があります。

input_handle:入力リスト。 element_shape:リスト内の初期化されていない要素の形状。最初の次元が-1でない場合、すべてのリスト要素が同じ先頭の薄暗い値を持っていると見なされます。 Leading_dims:初期化されていないリスト要素の先頭のdimのリスト。 input_handle.element_shapeまたはelement_shape入力引数の先頭のdimがまだ設定されていない場合に使用されます。テンソル:連結された結果。 lengths:勾配の計算に使用される、リスト内のテンソルの0次元のサイズを含む出力テンソル。

パブリックメソッド

static <U、T extends Number> TensorListConcatV2 <U>
createスコープスコープ、オペランド<?> inputHandle、オペランド<T> elementShape、オペランド<Long> LeadingDims、Class <U> elementDtype)
新しいTensorListConcatV2操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。
出力<ロング>
長さ()
出力<U>

継承されたメソッド

パブリックメソッド

public static TensorListConcatV2 <U> create スコープスコープ、オペランド<?> inputHandle、オペランド<T> elementShape、オペランド<Long> LeadingDims、Class <U> elementDtype)

新しいTensorListConcatV2操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。

パラメーター
範囲現在のスコープ
戻り値
  • TensorListConcatV2の新しいインスタンス

public Output <Long> lengths ()

public Output <U>テンソル()