警告:このAPIは非推奨であり、置き換えが安定した後 TensorFlowの将来のバージョンで削除される予定です。

このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

ToBool

パブリックファイナルクラスToBool

テンソルをスカラー述語に変換します。

次のルールを使用して、テンソルをスカラー述語に変換します。

-0Dテンサーの場合、真実性は「ゼロ」値と比較することによって決定されます。数値タイプの場合、それは明らかなゼロです。文字列の場合は空の文字列です。

-> 0Dテンソルの場合、真実性は要素の数を調べることによって決定されます。要素がゼロの場合、結果はfalseになります。それ以外の場合、結果は真です。

これは、テンソルが分岐条件に対してtrue / falseとしてカウントされるかどうかを判断するためのIfおよびWhileの動作と一致します。

パブリックメソッド

出力<ブール値>
asOutput ()
テンソルのシンボリックハンドルを返します。
静的<T> ToBool
createスコープスコープ、オペランド<T>入力)
新しいToBool操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。
出力<ブール値>
出力()

継承されたメソッド

パブリックメソッド

public Output <Boolean> asOutput ()

テンソルのシンボリックハンドルを返します。

TensorFlow操作への入力は、別のTensorFlow操作の出力です。このメソッドは、入力の計算を表すシンボリックハンドルを取得するために使用されます。

public static ToBool create スコープスコープ、オペランド<T>入力)

新しいToBool操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。

パラメーター
範囲現在のスコープ
戻り値
  • ToBoolの新しいインスタンス

public Output <Boolean> output ()