警告:このAPIは非推奨であり、置き換えが安定した後 TensorFlowの将来のバージョンで削除される予定です。

このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

TridiagonalSolve

パブリックファイナルクラスTridiagonalSolve

三重対角連立方程式を解きます。

三重対角連立方程式を解きます。バッチ寸法と、左側ごとに複数の右側をサポートします。 CPUでは、ソリューションは、 `partial_pivoting`属性に応じて、部分ピボットの有無にかかわらずガウスの消去法によって計算されます。 GPUでは、NvidiaのcuSPARSEライブラリが使用されます。https://docs.nvidia.com/cuda/cusparse/index.html#gtsv部分ピボットはXLAバックエンドではまだサポートされていません。

ネストされたクラス

クラスTridiagonalSolve.Options TridiagonalSolveオプションの属性

パブリックメソッド

出力<T>
asOutput ()
テンソルのシンボリックハンドルを返します。
static <T> TridiagonalSolve <T>
createスコープスコープ、オペランド<T>対角線、オペランド<T> rhs、オプション...オプション)
新しいTridiagonalSolve操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。
出力<T>
出力()
解を含む形状 `[...、M、K]`のテンソル
静的TridiagonalSolve.Options
partialPivoting (ブール部分ピボット)

継承されたメソッド

パブリックメソッド

public Output <T> asOutput ()

テンソルのシンボリックハンドルを返します。

TensorFlow操作への入力は、別のTensorFlow操作の出力です。このメソッドは、入力の計算を表すシンボリックハンドルを取得するために使用されます。

public static TridiagonalSolve <T> create スコープスコープ、オペランド<T>対角線、オペランド<T> rhs、オプション...オプション)

新しいTridiagonalSolve操作をラップするクラスを作成するファクトリメソッド。

パラメーター
範囲現在のスコープ
対角線形状 `[...、3、M]`のテンソルで、最も内側の2次元が三重対角行列を表し、3行が上対角、対角、副対角の順になっています。スーパーダイアゴナルの最後の要素とサブダイアゴナルの最初の要素は無視されます。
rhs形状 `[...、M、K]`のテンソル。各左側にK個の右側を表します。
オプションオプションの属性値を運ぶ
戻り値
  • TridiagonalSolveの新しいインスタンス

public Output <T> output ()

解を含む形状 `[...、M、K]`のテンソル

パブリック静的TridiagonalSolve.Options partialPivoting(ブールpartialPivoting)

パラメーター
部分ピボット部分ピボットを適用するかどうか。部分的なピボットにより、手順はより安定しますが、遅くなります。